TOP>ニュース > 【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第四回 介護ネコ第一号家郎 ペット用オムツをする

  • ニュース

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第四回 介護ネコ第一号家郎 ペット用オムツをする

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活を続け、そのうちの11匹をすでに高齢で看取った今、残りの一匹“ビッタ(18才・オス)”と暮らす中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の記録である。

第四回 介護ネコ第一号家郎 ペット用オムツをする

家郎がどうやらボケてしまったらしい年齢不詳の老猫・家郎!

その症状は、ついに家中ところかまわずオシッコをするという自体にまで至り、我が家はほとほと困り果てていた。

そんな時、外出から帰ってきた女房がいった!

「今日、ペットショップでいいのを見つけた!」

薬とかは効かないんじゃないの、ボケてんだから?

「違う、違う、そんなんじゃない、オムツよオムツ!! 使い捨てのペット用オムツっていうのが売ってんの!」

なにそれ、ひょっとしてボケたネコ用なワケ?

「多分そうじゃないの。人間みたいに赤ちゃんネコ用ってワケじゃないみたいよ」

まぁ人間のオムツだって赤ん坊用だけじゃなくて、老人用ってのもあるけどさ。

「ちゃんと大きさもS・M・Lってあってね、どのくらいの大きさか見てきたから、家郎のサイズを計ったら、明日、合ったサイズのヤツを買ってくる!!」

そうか、そうだよな〜。最近は……っていってもこの話は20年近く前の話なんだけど、ネコも高齢化でボケたコが増えてきたっていう話が出始めた頃だった。

どこでもオシッコをジョンジョロしちゃうのは、ウチだけの問題じゃなくて、年を重ねた動物たちと一緒に暮らす人間みんなの問題になりつつあったのだ。

そこで“ペット用オムツ登場”!! っていうのはものすごく普通の流れだったのかもしれない!


↑いつもと同じ家郎先生御尊顔。

それにしてもこの時代。ちょうど西暦2000年頃っていうのは、デジカメもやっと出てきて、携帯電話に初めてカメラが内臓された頃でもあるんだけど、やっばり今みたいにパンパカとスマホで写真を撮る時代じゃなかったんで、本当に写真が少なく、毎回写真が重複してて申し訳ない。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

アレもコレも…猫にとって「有害な食品」は日常に溢れている (9.17)

  • ニュース

愛猫と長く暮らすために!猫の「認知機能不全症候群」について考える (9.16)

  • ニュース

飼い猫が猫エイズでも大丈夫?感染を防ぎ大切に育てるための秘訣 (9.15)

  • ニュース

語り継がれる化け猫伝説。怪異・戸塚の猫踊り! (9.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る