TOP>ニュース > 保護猫活動に密着した番組「猫ブームの裏側 “ワケあり”猫の行く先は」4月2日放送

  • ニュース

保護猫活動に密着した番組「猫ブームの裏側 “ワケあり”猫の行く先は」4月2日放送

いま、空前の猫ブーム。その経済効果は、年間2兆円を超えるとも言われている。高齢化や一人世帯の増加に伴い、手のかからない猫が人気となっている。しかし、その裏側では…、年間8万9000匹近くの捨て猫・野良猫が行政に引き取られ、殺処分されている。

そんな状況の改善のために、動いているのが、埼玉県川越市にある「保護猫カフェ ねこかつ」。ここにいるのは、事故で足を失った猫、失明寸前の状態で捨てられていた子猫など、皆、様々な事情を持つ“ワケあり”の「保護猫」たち。

今回の「ザ・ドキュメンタリー」(4/2日曜深夜3時5分テレビ東京)では、保護猫カフェ「ねこかつ」と、保護猫活動に関わる人々に密着。猫ブームの裏側にある、命をとりまく人々の思いに迫る!

番組内容

空前の猫ブーム。書店には猫関連の本が並び、テレビやネットにはかわいい猫の映像が溢れる。さらに今や、猫の飼育数は犬を上回る勢いにまでなっている。しかし、その裏側では、6分に1匹のペースで猫が殺処分されているという事実が。「飼い主が高齢になり、世話ができなくなったから」「子猫を産んで増えてしまい、困ったから」――さまざまな事情で行き場を失った猫たちが、猫ブームの裏側で悲鳴をあげている。

そんな“ワケあり”の捨て猫や野良猫を救っている店があった。埼玉県・川越市の「保護猫カフェ ねこかつ」。ここでは、猫一筋の店主が、さまざまな“ワケあり”猫たちを保護し、次の飼い主へと命を繋いでいた。

大晦日の晩、足をケガしてうずくまっていた猫。団地に捨てられていた、両目が失明寸前の子猫。河川敷で、飢えと寒さに震えながらも、人間を威嚇し続ける野良猫。人間に翻弄されながらも、懸命に生きている猫たち。その命が、次に行く先は…。さらに、行政施設で「命の期限」が迫る猫と向き合う女性や、子猫の命を預かる13歳の少女を取材。猫たちを救い、新たな行き先を与える人々を追った。


保護猫カフェ ねこかつの猫たち


捨て猫「こばっちゃ」。団地で保護された時は失明寸前だった


治療を経て、人のぬくもりを知るように


河川敷の猫。寒さと飢えに震えながらも人間を威嚇し続ける


保護されてから抱っこにも慣れ、優しい表情に

【ディレクターコメント】
猫は、人間にとって癒しの存在。テレビやネットには、「かわいい猫」が溢れています。では、猫にとって人間って、どんな存在でしょうか。かわいがられて、愛される猫がいる一方で、人間の都合で捨てられて、殺されていく猫たちがいます。

そんな猫たちを保護している「保護猫カフェ ねこかつ」の店主、梅田さんに密着しました。どこから来たのか、何があったのか、猫たちはしゃべってくれません。代わりに、梅田さんが、ワケあり猫たちの「ワケ」を教えてくれました。かわいい猫たちの、かわいいだけじゃない現実を、ぜひご覧ください。

《演出・ディレクター 丸山恵(テレビ東京)》

番組概要

■タイトル:ザ・ドキュメンタリー「猫ブームの裏側 “ワケあり”猫の行く先は」
■放送日時:4月2日(日)深夜3時5分〜3時35分
■放送局:テレビ東京
■出演者(語り):大竹まこと、松井玲奈

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

恐怖!夜になるとやってくる野良猫と一緒に寝たらノミの餌食に (1.21)

  • ニュース

キジトラ猫の宅配便?いろんなおもちゃをくわえて持ってくる猫ちゃん (1.21)

  • ニュース

イノシシ退治をした猫の塚のある我が家 (1.20)

  • ニュース

猫の尿の健康状態を可視化。ロイヤルカナン初の猫トイレ用顆粒「尿中ヘモグロビンチェッカー」新... (1.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る