TOP>ニュース > 食欲不振の原因にも!猫に多い歯肉口内炎【獣医師古江のお悩み相談室】

  • ニュース

食欲不振の原因にも!猫に多い歯肉口内炎【獣医師古江のお悩み相談室】

猫に多い歯肉口内炎を知っていますか?

p8270776

猫は口内炎が多い動物なのを知っていますか?

食べたいのに口が痛くて食べられない歯肉口内炎は食欲不振の原因となることが多く、難治性であることもしばしばで、猫も飼い主さんも獣医師も、頭を抱えてしまうことが多い病気なんですよ。

歯肉口内炎は他にも難治性口内炎、レッドマウス、リンパ球性形質細胞性口内炎、形質細胞性口内炎、慢性歯肉口内炎、慢性潰瘍性歯肉口内炎、潰瘍性増殖性口峡炎、猫の慢性潰瘍性歯周口内炎、口腔後部口内炎などと、別名もたくさんある歯肉・口腔粘膜における慢性の炎症性疾患です。

歯肉口内炎は、口の中で炎症が起こるので、よだれが増えたり、口の中が痛んで食欲が低下する、嚥下困難が起きるなどの症状が出てきます。炎症の範囲は歯肉や、頬粘膜、口峡部粘膜、舌や口唇に加え、咽頭や扁桃の周辺、口蓋にまで及ぶこともあります。

要するに口の中全てに炎症が起きることがあるため、名前も様々なんですね。炎症が慢性化してくると、粘膜表面がボコボコと増殖していき、まるでがんの様に見えてくることもあります。口が痛くて食欲がない状態が続けばどんどん痩せてしまい、体力・免疫力ともに落ちてしまい、どんどん弱っていってしまうこともあるんですよ。

口腔内に違和感を感じたり、痛みを感じるので、粘りのあるよだれが増える、口の周りを触らせなくなる、口が異常に臭い、口から血が出るなど、明らかに口に問題がありそうな症状の他にも、毛づくろいをしなくなることで毛艶がなくなったり毛並みが悪くなるなどの変化が現れることもあります。

また、急に柔らかいものしか食べなくなった、顔を床にしつこく擦り付けるなどの行動の変化が認められたり、食べている途中で奇声をあげるということで来院されるケースもあります。慢性的な痛みを抱えていること、食べたいのに食べられないストレスでイライラして攻撃的になる子もいるようです。

原因は解明されていない

p8270164

歯肉口内炎の原因はウイルスや細菌による感染のこともありますが、微生物の存在が認められなくても発症することもあり、免疫反応の異常なども考えられていますが、原因が「これ」というのは十分には解明されていないのが現状です。複合的に色々な要素が絡み合って歯肉口内炎が起きると考えられるため、様々な治療法が報告されていますが、全て主に対症療法になります。

主な対症療法にはウイルスや細菌などの微生物に対する治療、痛みを抑えるための鎮痛剤、炎症を抑えるための抗炎症剤、炎症の原因となりうる抗原の除去などがあります。

微生物に対する治療としては抗菌剤や抗ウイルス薬の他、免疫細胞を誘導するようなインターフェロンの投薬や、ラクトフェリンの投薬などが知られています。鎮痛薬は抗炎症剤を兼ねることもありますが、痛みの強さによって非ステロイド系の薬や、鎮静効果のある強いお薬を使います。

抗炎症剤としては非ステロイド系の薬やステロイド、免疫抑制剤などを使います。自分の免疫細胞が歯肉・口腔粘膜を過剰に攻撃してしまっているため、過度な免疫を抑えることでひどい炎症を抑えようという治療になります。抗原の除去というと難しく思えてしまいますが、炎症の原因になるものをなくす治療になります。

口の中を清潔にするために歯垢・歯石の除去をすることや、抜歯、低アレルゲン食への変更などの他、患部へのレーザー照射などの方法もあります。これらを単独、あるいは組み合わせながら症状を改善させていくように努めるわけですね。

口内ケア習慣を身につけよう

p8291378

猫によってメインとなるであろう原因が異なっていたり、症状の重さも異なるので、その時々で治療法の組み合わせ方が変わることもありますが、基本的に対症療法であることには変わりがありません。改善が認められても完治は難しいこともしばしばです。

歯肉口内炎は、原因がはっきりと言えず様々な因子が絡みあって発症している病気だと考えられるために、こうすれば予防可能という方法が確立されているわけではありませんが、原因となりうるものを排除していくことは重要だと考えられています。

ウイルスの関与に関してはワクチン接種を、歯垢や歯石をつけない様に歯磨きやデンタルジェルなどの習慣をつけること、歯石が付いている場合は歯石除去をし、その後のケアをしていくこと、外から病気をもらってこない様に室内飼いにすること、ストレスの少ない環境作りをしてあげることなどは大切なことだと考えられます。普段からお口の様子もチェックする習慣を付けてあげて下さいね。

fp01

文/古江加奈子(獣医師)

パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。
◆パーク動物医療センター:http://parkanimal.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

注意!子猫に成猫用のフードをあげると、栄養不足になる? (10.24)

  • ニュース

猫アレルギー持ちの猫LOVERさんに朗報!猫アレルギーの出にくい猫カフェ「CatsHous... (10.24)

  • ニュース

イタリアとイギリスの『黒猫の日』を知ってる?ハロウィンとの悲しい関係も【世界の猫の日】 (10.23)

  • ニュース

白猫が「育児放棄」する驚くべき理由って? (10.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る