TOP>ニュース > 「たま駅長」で有名な和歌山県の貴志駅に2世駅長「ニタマ」に会いに行ってきた

  • ニュース

「たま駅長」で有名な和歌山県の貴志駅に2世駅長「ニタマ」に会いに行ってきた

IMG_0497

b7

駅舎内にある待合室には「たまカフェ」が併設されてあり、地元産の果物が使われたジュースやジェラートが楽しめる。ジェラートのコップも「たま駅長」イラスト入りでかわいい!

b8

駅舎の隣には、「たま駅長」グッズを扱うお土産店も併設。「たま駅長」のイラストや写真を起用したマグカップやノート、ボールペン、キーホルダー、タオル、缶バッジ、お守りなどの小物がたくさん揃っていた。はっきりいってここのゾーンはやばい!どれもかわいくて欲しくなる!

b9

今回はノートとお守りを購入。お守りは、スーパー駅長→ウルトラ駅長→和歌山電鐵社長代理→ナイト→大明神と上り詰めた、「たま駅長」のご利益が期待できそうだ!

ちなみに訪れる際は、わかやま電鉄貴志川線の利用をおすすめしたい。101匹のたま駅長が描かれた「たま電車」やフルーツの国、和歌山ならではの「いちご電車」などがあり、車内には様々なギミックが施されている。車窓からの風景以外にも楽しめる要素が満点だ。

◆和歌山電鐵株式会社
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

◆いちご電車グッズショップ
http://ichigoec.com/

取材・文/大津謙一、荒井慎一郎

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫たちの運動会に巻き込まれて骨折しちゃってた話 (10.14)

  • ニュース

弘法大師に石にされた巨大猫のその後… (10.14)

  • ニュース

あとは猫だけ。猫を飼う前に準備しまくった人の話。 (10.14)

  • ニュース

4コマまんがの基本といえば?【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.14)

  • ニュース

猫娘ってどんな妖怪?知って得する近代妖怪史 (10.13)

  • ニュース

ちょっと、はずかし。猫のバックショットをとらえた「にゃんたま」 (10.13)

  • ニュース

でかすぎる!通せんぼの猫が現れた。 (10.13)

  • ニュース

次はボクの新札だね…【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.13)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る