TOP>ニュース > 「たま駅長」で有名な和歌山県の貴志駅に2世駅長「ニタマ」に会いに行ってきた

  • ニュース

「たま駅長」で有名な和歌山県の貴志駅に2世駅長「ニタマ」に会いに行ってきた

PETomorrow(ペットゥモロー)】

b1

和歌山駅からわかやま電鉄貴志川線に乗り、揺られること約30分で終着駅に到着する。その終着駅とは、あの廃線寸前のローカル駅を救った「たま駅長」がいることで知られる和歌山県紀の川市にある貴志駅だ。

IMG_0493

「たま駅長」は、惜しまれながらも昨年6月末に16歳で永眠。和歌山電鐵を救ったその偉業を讃え「社長代理・ウルトラ駅長たまちゃん」として社葬が行なわれたのだが、そんな「たま駅長」、なんと現在は貴志駅に鎮座する「たま神社」の神様になっているのだ(県観光招き大明神、和歌山電鐵と地方公共交通の守り神)。

そして、駅長の座はたま2世駅長「ニタマ」に引き継がれており、現在の貴志駅に足を運ぶと生の「ニタマ」に出会えることができる。

【ニタマ駅長任命式 動画】

b4

さすが「たま駅長」で一躍有名になった駅。駅舎の中に入ると多くの観光客が訪れていた。それにしても平日だというのにすごい人数。なかでもアジア系外国人観光客の姿が目立っていた。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

鹿とにらめっこの勝負は…?【猫と行くキャンピングカーの旅】 (8.19)

  • ニュース

夢の中で宇宙人からプレゼントをもらいました。それは何?【猫と心理テスト】 (8.19)

  • ニュース

猫が30年生きると大妖怪「猫ショウ」になれる? (8.19)

  • ニュース

パパン今日から仕事なの【ねこの写真で4コマ漫画】 (8.19)

  • ニュース

「私、泳げます」泳げる猫のターキッシュバン (8.18)

  • ニュース

猫にとっての「理想のサイズ」を数字で見てみる。 (8.18)

  • ニュース

今日で夏休みもおわり…【ねこの写真で4コマ漫画】 (8.18)

  • ニュース

意外と知らない。招き猫のモデルになった猫種とは? (8.17)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る