TOP>ニュース > 春よ来い。早く来い。【田代島ドンベエ通信 】

  • ニュース

春よ来い。早く来い。【田代島ドンベエ通信 】

今年こそ島で花見ができることを祈る

人間どもは春を告げるサクラなどという花に浮かれるようだが、オレたちは春を告げる魚(ニシンやメバル、サヨリ、サワラなど)の方が好きだっちゃ!とは言え暖かくなるのが何より嬉しいっちゃ。(ドンベエ談)「~ちゃ」、「~だっちゃ」は島の方言。

2月16日、今年3回目の「桜開花予想2022」がウェザーニュースより発表になった。それによると関東では東京の3月20日皮切りに4月の上旬にかけて開花エリアが広がる見込み。そして田代島がある宮城では4月3日が予想されている。

サクラの話題が聞こえてくると「そろそろ島へ行く準備をしなくちゃ!」とワクワクしながら春の渡航計画を練りはじめる。僕の場合、このサクラと猫の絵を一年のスタートとしている。

とはいえ自然はいつも気まぐれ。冷たい寒気が流れ込めば開花に遅れが出たり、逆に平年を上回るような暖かい日が続けば一気に開花が進んでしまう。それなので開花予想と天気の長期予報を眺めながらロケの日程を立て、早めに宿を仮で抑え、そして約1週間前から島の方々に蕾の様子を伺いながら微調整をして島へ渡る。それでも大抵「今年も少しだけ早かったな~せめてあと一日延長したい!」という年が多い。近ければふらっと様子を見に~といったことができるが、遠いだけにドンズバで島に入ることは意外と難しい。

一年を通してこの島が華やかになるのはこのサクラのシーズン。一般的には秋の紅葉っていうところだが、この島に紅葉はほぼほぼなく、島の山は色づくというより、葉が枯れてやや茶色くなる程度。秋の色を感じられるのは強いて言えば、民宿はま屋さんのモミジが1本と、ひさしのオッチャンの家にある渋柿ぐらいだ。

この島で絵的に季節感を演出するのは本当に難しいとつくづく思う。冬も数少ない少量の雪と、枯れ枝と枯れ草。桜の後の新緑も気休め程度。あと季節の変化を演出しようとすると空の色と雲の形、それと光の強さと色だけ。それだけに数少ない季節感を桜に全集中してしまう。

もちろんこの島にも梅はあるのだが、公的な場所にある桜と違い、梅のそのほとんどが庭木。ただでさえカメラをぶら下げて島内をウロウロしているのに、さらに生活の場に踏み込まなければならないこともあり、また9割の花が下を向く桜と違い、約半々の花が上下に向く梅はやはり華やかさに欠けるのもあるので僕は梅を完全にスルーしている。

そんな田代島のサクラ、カワズザクラを皮切りに、旧学校跡地(現、島のえき)や、マンガアイランドではソメイヨシノが、そしてあちこちでヤマザクラが見られ、またヘリポートの奥には立派なヤエザクラもある。それぞれの開花時期が異なるので天候さえ良ければ割と長く花を愛でることができ、またサクラと猫とのコラボも観光に訪れた方たちの心を癒やしてくれる。

ただ僕の場合、目的が写真や動画を撮ることが目的なので、猫が多く生息している場所で木はあまり高くなく、比較的花付きが良い、この条件を満たす桜は限られてくるのだが

これは2019年に島のえきで撮ったものだが、撮り終えて後ろを振り返ると大勢のギャラリーに囲まれていてびっくりしたことがあった。コビット19が世界中に蔓延するまでは本当に大勢の観光客が訪れていたが、この約2年の間は観光客が激減、そして宮城蔵王のキツネ村とセットで訪れていた外国人の姿が消えた。僕自身も感染者数が増えると県をまたぐことができなかったり、渡航するにしても感染者状況を踏まえながら自主隔離期間を設け、検査をした上で出かけたりと、島へ足を運ぶハードルが高くなり、機会も以前と比べかなり減った。

この春はどうなることだろう、そして制限なく自由に行き来できる日はいつになるのか、そんなことを考えながらもいつでも出かけられるように準備を始める。季節は移り変わり、花は咲くのだから。

文・写真)ケモノの写真作家。小山 智一
https://ne-cozou.com/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る