TOP>ニュース > 【猫クイズ】寅年だからこそ知りたい!ネコ科のトラってどんな動物なの?

  • ニュース

【猫クイズ】寅年だからこそ知りたい!ネコ科のトラってどんな動物なの?

ネコ科のトラ、意外な事実を発見!

今年は、2022年(にゃーおにゃーにゃー)と、猫感満載な年。それに加え、ネコ科の寅年ということで猫界はさらに盛り上がりそうな予感。

今回は今年の干支にちなみ、トラにまつわるネコ科クイズを出題。普段、接しているイエネコとの違いも感じながら、トラの魅力を知る機会にしてみてください。

Q.トラの特徴として当てはまるものは、次のうちどれ?

①高温多湿のマングローブ林には生息していない

②実は走ることが苦手

③現存する野生のトラは5000頭ほど

正解は、この下に・・・!

正解は②の「実は走ることが苦手」です。

大型のネコ科動物と言えば、ライオンが思い浮かぶかもしれませんが、トラはすべてのネコ科動物の中で最大の種だとされています。

生息地域は南アジアや東南アジア、ロシア極東部など幅広く、高温多湿のマングローブ林や熱帯林、極寒の森林地帯など、あらゆる環境に適応。猫と同じく、基本的には単独行動を好み、縄張り意識は強いと言われています。

トラの獲物となるのは水牛やイノシシ、シカなど。走るのが苦手で、わずかな距離しか獲物を追うことができないため、狩りをする時は近くまで忍び寄ってからとびかかり、足先と長い爪で相手を組み伏せて動けなくしてから、喉か首に噛みつき、仕留めます。

トラは動物園などで目にすることも多いため、絶滅の危機はないように感じられますが、実は生息地の破壊や人間による狩猟により、すでに絶滅している地域もあるのが現実。現存する野生のトラは3500頭ほどだと言われており、絶滅危惧種にも指定されています。

こうした事実を知ることは、動物の命を守る第一歩になるはず。猫感満載な今年は野良猫などが置かれている状況を考えると共に、ネコ科動物の現状にも思いを馳せる年にできるといいですね。

参考書籍

『家のネコと野生のネコ』(澤井聖一:著/近藤雄生:著/エクスナレッジ)

/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る