TOP>ニュース > 猫じゃらし。されど猫じゃらし。【田代島ドンベエ通信 】

  • ニュース

猫じゃらし。されど猫じゃらし。【田代島ドンベエ通信 】

猫じゃらしが、イイ写真を撮る大切な道具になる

島によく来るオヤジはオラたちをおもちゃみたいので誘ってくるけど、オラはそんなの興味ねーし!他のヤツらはなんであんなので騙されるのか不思議でしかたねー。オラはご飯だけあれば幸せなんだっちゃ!(ドンベエ談)「~ちゃ」、「~だっちゃ」は島の方言。

この島での滞在は通常3日~7日間。3日だと少ないし、1週間以上だと飽きる。僕にはおそらく4~5日ぐらいがちょうどよいのかもしれない。

フェリー乗り場までの移動はもちろん車。この島に行きはじめた頃はそれこそ小さいスーツケースと小さめのカメラバックのみで新幹線で通っていたが、いつの頃からか「明日サシ網行くけど船のるか?」などと島の友人などからお誘いがあったりして、そのとき「あれを持ってくればよかった」「これが必要だった」いう経験を重ねてスチールやムービーの機材だけでなく、ドローン、音響までひと通り機材を島に持ち込むようになったら車じゃないと運べない状態に。猫以外でもここでしか撮れない絵が沢山あるから仕方がない。刺し網は魚が遊泳・通過する場所を遮るように網を張り、その網目に魚の頭部を入り込ませる漁具。

そんな道具の中でいちばん重要なのが何はなくても「猫じゃらし」。僕のバッグの中には通常4本の猫じゃらしが入っている。使うのは長さの違う二本だが、時には猫どもに強奪されることもあるのでさらに予備としてさらに2本。そして、猫じゃらしの修理ツールも必須。その二本を猫との距離に応じて使い分けている。

猫じゃらしを使いながら撮る人をよく見かけるようになってきたが、動きを持たせるために使っている場合が多く、猫パンチっぽい手の動きや、飛んだり跳ねたり、獲物を狙う際のお尻フリフリポーズなど、猫じゃらしを使うことによって簡単に意図する動きやポーズを作り出すことができるからだ。

もちろん僕もそういった使い方もする。また木に登らせるなど「この場所で撮りたい」と思ったときにもそこへ猫を誘い込むのに便利。しかし、僕が猫じゃらしを使う理由は実はもうひとつある。

モデル(人間)撮りをする際、イキイキとした表情を演出するために使う「キャッチライト」。簡単に言うと、目に光を映り込ませる「瞳」の中のライティングのこと。「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、どんなに素敵なメイクや衣装、ポーズでもこの光が瞳の中にないと写真の質はもちろん「語らない」絵になってしまう。

このキャッチライト、人間の場合はストロボやビデオライト、レフ板などを用いて光を入れたり、白いものを瞳に写り込ませて作っているのだが、猫を撮る場合はそうはいかない。

猫に強い光を直接当てることは目の健康上行ってはならないし(特に仔猫)アシスタントが何人も周りを取り囲んでいるわけでないからレフ板もよほどでなければ使わない。そこで登場するのが猫じゃらし。これを使い猫の顔の角度を変えながら、白い雲や建物など周囲の明るい風景を瞳に写り込ませる。

僕の場合、どの角度が一番効果的に風景などを写り込ませられるか、そしてイキイキとした表情になるか、それを探るために緩急をつけながら猫じゃらしを降る。仮にいくら飼い猫でも「はい、右向いて~もう少し上ね~あっ少し戻して~」なんて言っても猫の耳に念仏だから。

そんな猫じゃらし、前文で「長さの違う二本」と書いたが、1本は鳥の毛を束ねた市販品。引っ張られても取れないように瞬間接着剤と自己融着テープでしっかり補強をして丈夫に加工してある。

そしてもう一本は特別仕様。竿タイプの猫じゃらしでここに行き着くまでに時間もかかったが、これ無しではありえない。今では市販品で竿タイプの猫じゃらしも数多くあるが、おそらくそれ以前から作っていたと思う。

釣具店などで売っている振り出し竿「万能小継180」の穂先(第一節)を外し第二節の先端にリール用のトップガイドを瞬間接着剤でがっちり固定。猫じゃらしの先端部分のみを外してスナップ付きサルカン(釣具)などを使い竿と一番細いワイヤーでつないでいる。とにかく重要なのは強度。市販品も使ったことはあるが野良族を相手にすると一瞬で壊されてしまうんだよね。

僕の場合はこうして猫の気を引くために猫じゃらしをメインに使用しているが中にはまったく興味を示さない子や、怖がって逃げ出す子もいる。特に初めてコンタクトをとる場合は何に興味を示すかわからないのでシャカシャカと音がするスーパーの袋や麻ひも、など「これでもか!」ってぐらいポケットの中にいろいろと道具が入っている。

これは外で撮るときだけでなく家の中で撮るときも同じで、飼い猫を撮るときなど顔のちょっとした角度の違いでいつもと違うイキイキとした表情になるのでぜひとも試していただければと思う。


ウチのぶーちゃん

文・写真)ケモノの写真作家。小山 智一
https://ne-cozou.com/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る