TOP>ニュース > 譲渡活動に対する誤解と偏見【虹の橋を渡る日まで】

  • ニュース

譲渡活動に対する誤解と偏見【虹の橋を渡る日まで】

虹の橋を渡る日まで

うちの病院の院長先生は家族のいないペットの譲渡活動に積極的だ。震災の時も長い間、現場に行ってしまい、他の先生達が休めなくて困ったこともある。でも、被災地からボロボロになって帰ってくる院長を、病院のスタッフ全員が、心から尊敬している。

私も動物看護士になって就職する際、動物病院をいくつか見学させてもらった。新しく設備のきれいな大病院もあれば、こじんまりしてアットホームな病院もあった。でも、私は野良猫や野良犬の保護活動がしたかった。

うちの病院は飼い主のいない犬や猫、小鳥、ハムスター、フェレットに爬虫類、観賞魚まで、あらゆるペットを引き取って新しい飼い主に譲渡している。

譲渡したペットが幸せになって病院にやってくるのを見ると本当に嬉しい。自分の仕事に価値があると感じられる。

やせ細った子猫が丸々と太って、病院にやってくるのは素晴らしかった。特に猫はしっぽの毛が見違えるように変化する。ふさふさの立派な尾になって再会する時は、心の底から感動する。

でも、そんな喜びと同じぐらい、辛い事件もあることが分かって来た。せっかく譲渡した子が病気になって病院に戻されたり、「トイレのしつけができない」と返されるのだ。

根気よくしつければ、どんな犬でも猫でも、トイレをおぼえてくれる。でも、初めて飼った人は、しつけにかかる時間を、我慢できない。

また、猫のしつけは100%ではない。わが家にいた子も月に一度は失敗していたけれど、何とかなっている。布は洗えばいいし、床もていねいにふき取って消臭スプレーをかければ、匂いは気にならない。

また、交通事故で運ばれた野良猫も要注意だ。運び込んだ人は事故直後で興奮しているから、どれだけお金が掛かっても治療してくれと言ってくる。でも、治ってしまうと、手術料の高さに驚かれてしまう。

治療費をぼったくられたとSNSで書かれたこともある。交通事故だと言って運び込んだ後、こっそり裏口から逃げられたこともあった。

もっと辛いのが、譲渡活動に対する誤解と偏見である。あの病院は野良猫が運ばれるから、入院中にダニが付いてくると噂されたことがある。さすがに院長もへこんでいた。それも、噂を立てたのが、近所にできた新しい動物病院からだったのが辛かった。うちの患者を取り込もうとしてそんな噂を立てたらしい。

副院長も「動物を救うために活動している、同じ病院なのになあ」と肩を落としていたが、それでも保護活動は辞めなかった。

看護師の立場から言いたい。ペットの譲渡活動を積極的にやっているうちの病院は良い病院だ!って。自己満足かもしれないけれど、それでも誰かがやらなければいけないことを、続けているうちの病院は、いい病院なんだよ、と、みんなに知ってもらいたい。

(文/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る