TOP>ニュース > 寅年に知っておくべき小さき猛虎、猫という存在

  • ニュース

寅年に知っておくべき小さき猛虎、猫という存在

十二支に猫はいないので、今年を強引に猫年と思い込もう!

納得がいかない!ずっと前から思っていたことだが、なんで十二支に猫がいないのか!猫がいない理由は色々な説があるが、とにかく納得が出来ないのだ。

そこで僕はかねてより、寅年を猫の年だと考えるようにしている。どっちもネコ科だし、見た目も似ているし習性だって似通っている。だからトラは猫なのだ。それでいいのだ。

トラを飼い慣らすのは物凄く難しい。しばしば大富豪がトラやライオンをペットにした、なんてエピソードを聞いたことがあるが、大抵は檻の中で過ごしてもらっていて、猫のように室内を自由にはさせない。そりゃそうだ。トラやライオンからすれば、人間なんて自分より小さな動物。彼らの習性には、自分よりも小さい生き物を襲うというものがあるので、飼い慣らすなんて出来ない。

一方で、猫はいい。猫は幸いにも人間より小さい。だから猫に襲撃されることはあっても、大流血にまで至ることはそうそうない。

猫もトラも、生態は似通っている…

猫とトラとではまずサイズに圧倒的な違いがある。生息域も違うので、自然下で生息するトラと猫(野良猫)は、恐らくほとんどバッティングしないことだろう。

しかし、その習性や生態は、ネコ科同士ということもあって結構似ている。まずはどちらも薄明薄暮の時間帯の活動をメインとしている。そして群れをつくらない。ここがライオンとは異なるもっとも大きなポイントだ。猫もトラも、基本的には単独で暮らすのである。

さらに双方とも縄張り意識があり、自分のテリトリーの範囲内を移動しては匂いを樹木や岩などに擦り付けてアピールをする。おしっこでのスプレーマーキングは、猫もトラもどちらも行うアクションだ。

野良猫の場合、比較的メスはひとところに定住するが、オスは繁殖期以外は色々な場所に点在する。これはトラにも同じ習性が見られるところで、やはりオスはメスと比較して定住の度合いが少ないことが観察によって確認されているという。

一番の違いは、猫は水に入らないがトラはしばしば入水するという点。河をまたいで移動し、テリトリーを広げるトラもいる中で、猫にはそういった個体はほぼいない。

だが全体で見れば猫とトラはかなり生態が近しいと言える。ちなみにどちらもダンボールを見ると、ついつい中にすっぽり入ろうとする点も同じ。体が隠れて安心するのが、その理由と考えられている。

猫はあのサイズだからペットに出来たのだ!

猫を飼っていると、しばしば理不尽に飛び掛かられるという経験をすることがある。これ、猫が小型の動物だから笑い話で済むが、トラぐらいのサイズだったらさすがに笑えない。

大型の動物はどんなに飼い主に懐いていても、ちょっとした拍子に襲い掛かって命を奪うなんてことがある。しばしばクマが飼い主を襲ったというニュースなどは日本でも流れることがあるが、クマもトラも、あのサイズでは最初からペット化は無理なのだ。

そもそも猫には小さくても鋭い爪や牙があり、かなりの跳躍力もあって運動神経もいい。場合によっては猫のせいで流血するということもあるし、実際人に慣れていない野良猫を本気で怒らせると大怪我を招くこともある。

そんな、本来強烈な戦闘力を秘めている猫を手なずけてなんとかペットとして飼うことが出来るようになったのは、これは僥倖と言えるだろう。紀元前の大昔にリビアヤマネコを飼い慣らしてイエネコを生み出してくれた先人に、大いに感謝したい……。

小さな猛獣、猫。彼らは実質ミニチュア版のトラなのである

トラをペットにしたいと思う人はたまにいるとしても、実際にそれが出来る立場の人はまずいない。彼らは絶滅が危惧されている希少動物でもあり、本来は獰猛な肉食のハンターでもある。自然界でも上位のプレデターで、本気になったら人間なんてすぐに仕留めることも可能なのだ。

一方で猫もまた、今では世界中に分布し、数多くの野生動物を襲って命を奪い続けているという側面もある。猫によって絶滅してしまった固有種の鳥もいるほどで、その習性は決して可愛らしいだけのものではない。

生態も似ているし、性質だって似ているトラと猫。違うのはその大きさぐらいのものなのだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る