TOP>ニュース > まるで冷凍地獄…そんなときでも屋外には猫たちがいる

  • ニュース

まるで冷凍地獄…そんなときでも屋外には猫たちがいる

どんなときでも屋外には猫たちがいる

このところ、本当に寒くなってきた。滋賀県で雪国レベルの積雪が確認されたこともあるし、本当に寒さが一段と増している。

こうなると心配になるのが、屋外に暮らす猫たちのことだ。猫はもともと外来種。日本の野生動物たちと違って、この国の冬を効率的にやり過ごす術も持たない。冬眠もしないし、暖かい地域へ南下することもできない。

まさに無防備に近い状況で暮らしているとも言える。

そんな猫たちの様子が気になり、12月26日に千葉県の某地域猫コミュニティに足を運んだ。今日はそのときの話をしていきたい。

寒い中の貴重な晴れ間を存分に活用する地域猫たち

この日は朝方に一雨来たものの、午前7時頃には晴れて太陽が顔を出していた。そのため、猫たちは日差しに誘われてチラホラ敷地内で日向ぼっこを満喫していた。

貴重な日差しを、体中で浴びてエネルギーを蓄えている。そんなふうに見えた。

中には耳カットされていない、あまり見かけない猫もいたので、もしかすると流れ着いたか、捨てられたばかりの個体だったのかもしれない。そういう猫が混ざっていても古参の地域猫たちは特に争わず、せいぜい唸り声で威嚇する程度のもの。寒すぎてそれどころではないって状況だったのだろう。

この日は喧嘩をしている猫も見ることはなく、基本的にはみんな、寒いから体温をキープするのに専念しているという印象だった。

ぬくもりあるところ猫あり

草むら、セメント階段、岩の上。当日の猫たちは各々に、自分が一番暖かいと感じる場所で日向ぼっこをしていた。

中にはわざと日陰に潜み、他の猫やカモを狙って身構えている猫も。しかし結局寒いので、すぐに諦めて日向ぼっこに移行していたが。

猫たち。見た目には元気そうで安心したが、こんなのしょせんは暖かい時間に僕が出向いているからそう見えるだけのこと。冬の昼間は短いので、きっと彼らはあの日も夕方以降、身を寄せ合って震えながら夜明けを待っていたのだろう。しかし、少なくともこのコミュニティを訪れて猫たちを観察してみる分には、みんな毛並みもよく、しっかりと日向にもいて、元気そうな姿をしていたのでそれはよかった。

ちなみにこの日、普段ほぼ必ず遭遇する地域猫が見当たらなかったが、後日また戻ってきたということでちょっと安心した。自分からふいに数日姿を見せなくなるってことはほぼないため、誰かに追いかけられて一時的に雲隠れしていたのかも……。

夏もしんどく、冬もしんどい。猫が屋外で暮らすことの困難さったらない!

しばしば言っていることだが、猫が屋外で暮らすというのは苦難の連続だ。交通事故リスクもあるし、感染症や怪我をしても治療してくれる人もそう多くない。

さらに夏は酷暑から逃れる術もないし、蚊やダニ、ノミなどの寄生虫も猫たちを蝕んでしまう。そして冬には現状のように、とにかく寒さが猫の体力をどんどん奪っていく。

人間は家があって暖房があるから冬の寒さなんてへっちゃらだけど、猫となるとそうは行かない。屋外で暮らす猫は、きっと今夜も手足の感覚のなくなるような寒さをじっと耐え抜くのだ。そして、統計こそ出ていないし出しようもないが、毎年相当数の猫はこれに耐えられずに命を落としているのだろう。

閑話休題。とにかくこの日、僕は会う猫会う猫に「今年もおつかれさま、来年もよろしくね」と挨拶をしてまわった。何頭かには「挨拶じゃなくて餌くれ」とねだられたが、この場所はNPOの方が毎日決まった時間に給餌をして、後片付けもしているのでそういう面では心配がない。そのため『ご飯はないのよ」と断っておいた。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

恐怖!夜になるとやってくる野良猫と一緒に寝たらノミの餌食に (1.21)

  • ニュース

キジトラ猫の宅配便?いろんなおもちゃをくわえて持ってくる猫ちゃん (1.21)

  • ニュース

イノシシ退治をした猫の塚のある我が家 (1.20)

  • ニュース

猫の尿の健康状態を可視化。ロイヤルカナン初の猫トイレ用顆粒「尿中ヘモグロビンチェッカー」新... (1.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る