TOP>ニュース > 【猫クイズ】人と動物間でうつる「人畜共通感染症」ってどんな病気なの?

  • ニュース

【猫クイズ】人と動物間でうつる「人畜共通感染症」ってどんな病気なの?

人畜共通感染症(ズーノーシス)とは

動物と共生する上で私たちが知っておかねばならないのは、人と動物間で感染する病気があるということ。そうした感染症は「人畜共通感染症(ズーノーシス)」と呼ばれており、世界では200種類以上の人畜共通感染症が認知されているとも言われています。

今回はクイズを通して、人畜共通感染症とはどのようなものなのかを解説。自分と大切な動物の命を守るため、知識を得てみてください。

Q.次の中で「人畜共通感染症」として当てはまらないのは、どれ?

①レプトスピラ病

②トキソプラズマ症

③猫エイズ

正解は、この下に・・・!

正解は③の「猫エイズ」です。

現在、日本のペットなど家庭動物に関わりのある共通感染症は、約 60 種類。人畜共通感染症は大きく分けて、「直接伝播」と「間接伝播」という経路でうつっていくと考えられています。

「直接伝播」とは動物に噛まれたり、引っかかれたりしたことで病原体が体に侵入する経路のこと。手に付着した動物の排泄物を無意識に口へ持っていくことで感染する「糞口感染」という経路も直接伝播に含まれます。

対して、「間接伝播」はノミや蚊、ダニなどによって感染する「ベクター媒介」や肉・肉製品、乳・乳製品を口にしたことによる「食品媒介」、水や土壌の汚染・空気による「環境媒介」の3経路に分類することができます。

人畜共通感染症を防ぐには、動物と適切な距離感で関わっていくことが大切。例えば、どれだけ愛しくても、口移しでご飯をあげたり、同じ食器を使ったりするのはNG。寝室を別にすることも予防に繋がると言われています。

また、動物に定期的な爪切りや予防接種などを行うことも、自分の身を守ることに。愛犬や愛猫が自由に外へ行ける環境である場合は、帰宅後に体を常に清潔に保ってあげましょう。

ちなみに、猫エイズは「エイズ」という病名のため、人にうつるのではないかと思われることも多いものですが、人のエイズウイルス(HIV)が猫に感染することはなく、猫エイズのウイルス(FIV)が私たち人間に感染することもありません。

知識は自分や大切な家族を守ることもあるからこそ、これを機に、人畜共通感染症の恐ろしさや予防法を知り、命を守る術を考えてみてください。

文=古川諭香

<参考>

人と動物の共通感染症に関するガイドライン 環境省
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】退屈だから?あくびをする時、猫はどんな気持ちなの? (1.19)

  • ニュース

【使用レポ】ダイソーの「ペットブラシ」でカーペット掃除をしてみたら… (1.19)

  • ニュース

寅年に知っておくべき小さき猛虎、猫という存在 (1.18)

  • ニュース

家に飾れば幸せがやってくる!?「信楽焼まねき猫」が誕生 (1.18)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る