TOP>ニュース > 猫の平均寿命はどんどん伸びている!猫の難病・最新治療法を紹介

  • ニュース

猫の平均寿命はどんどん伸びている!猫の難病・最新治療法を紹介

どんどん伸びている、猫の平均寿命

20211223日に発表された「令和3年 全国犬猫飼育実態調査」(一般社団法人ペットフード協会)によると、猫の平均寿命は15.66歳。これは、「外に出る猫」の平均寿命である13.75歳との平均ですので、完全室内飼いの猫の平均寿命は16.22歳。10年前と比べると、1.3歳も長くなっています。

平均寿命が伸びるのはもちろんいいことですが、それにつれて人間と同じような生活習慣病を患う猫も近年、増えています。一方、難病治療の研究も急速に進んでいて、これまではあきらめるしかなかったいくつかの病気も、近い将来には治療できる可能性がでてきているのです。その例をいくつかご紹介します。

猫の慢性腎臓病の画期的な新薬「AIM

2021年に発売された「猫が30歳まで生きる日」という本は、科学ノンフィクションとしては異例の売れ行きで注目されました。この本の著者は、東京大学大学院医学系研究科の宮崎徹教授。高齢猫の死因で、がんと並んで多く、有効な治療法がないとされてきた「腎臓病」に効果がある「AIM」という新薬の研究について書かれている本で、多くの愛猫家たちの関心を集めたのです。 


最先端医療の科学ノンフィクションとしては異例の大ヒットとなった「猫が30歳まで生きる日治せなかった病気に打ち克つタンパク質「AIM」の発見」(東京大学大学院医学系研究科 教授 宮崎徹著/時事通信社)

これまでそもそも、猫になぜ腎臓病が多いのか、その詳しいメカニズムが明らかになっておらず、そのため有効な治療法がありませんでした。宮崎教授の研究グループが、猫が腎臓病になりやすいメカニズムの一端を解明したと発表したのは、2016年。

そのメカニズムのカギとなるのが、同グループが以前発見していたAIMapoptosis inhibitor of macrophage:免疫細胞から分泌されるタンパク質)という成分。AIMは体内のゴミ(細胞の死骸)の除去を助ける働きがあり、特に腎臓にゴミがたまるのを防ぐことで、腎臓を守る働きをしていることがわかったのです。つまり、部屋(腎臓)をきれいに保つ掃除機のような存在なんですね。

宮崎教授が猫のAIMを詳しく調べたところ、猫が腎臓病になってしまう主な原因は、AIMが先天的に機能しない猫がいるためであることがわかりました。ネコ科の動物に腎臓病が多いのは、何かの理由でAIMが正常に進化しなかったからでは、と宮崎教授は推理しています。つまり一種の遺伝病であり、この遺伝子を持った猫は、年齢とともに腎臓に掃除しきれないゴミがたまり、詰まってしまうので、基本的に全員が腎臓病になるというのです。

「子猫の頃からAIMを投与すれば、30歳まで生きられる」

「猫が30歳まで生きる日」の冒頭には、余命1週間と宣告されぐったりと寝ているしかない状態だった猫・キジちゃんにAIMを投与したところ、5日後に「キジちゃんが立ち上がりました!」と飼い主から電話があったという劇的なエピソードが綴られています。さらに投与を続けると、自分から食事をするようになり、余命を大きく超えて生きることができました。末期の腎臓病だと、腎臓の組織がほぼ破壊されている状態なので、これは宮崎教授にとっても意外な結果だったそうです。

このことから宮崎教授は、「子猫の時からAIMを投与していれば、猫の平均寿命は30歳まで伸ばすことができる」とこの本の中で語っています。この研究が発表されると、多くの愛猫家から製剤化実現のための寄付金が集まったことも話題になりました。まだ課題は多くあるそうですが、近い将来、猫の腎臓病治療は大きく変わることは間違いなさそうです。

猫伝染性腹膜炎が寛解する新薬も

現代の獣医療では治すことのできない不治の病とされてきた「猫伝染性腹膜炎(FIP)」。発症すると、数日から数週間以内に死に至り、診断後の平均生存日数はたった9日という、恐ろしい病気です。こちらも新薬が20194月に発表され、期待が集まっています。

FIPの原因は「猫コロナウイルス」で、主にうんちを介して伝染しますが、通常は軽い下痢を起こす程度でほとんどが無症状です。でも一部の猫の体内で突然変異を起こすと、FIPになってしまうというのです。しかしカリフォルニア大学デービス校の研究グループが、FIPウイルスの増殖を抑え、症状を抑えることができる薬を発表したのです。一部の猫は、研究発表の段階で、2年近く生存していることもあきらかになりました。日本での承認はまだのようですが、明るいニュースですよね。

猫アレルギーを軽減するワクチンも

「猫が好きなのに、アレルギーがあって飼えない」という人にとっても、朗報が。今、世界中で、猫アレルギーを減らす新しい方法の開発が進んでいるのです。

猫アレルギーの原因は、以前は猫の毛そのものだと考えられていました。でも今では、主に猫の唾液に含まれる成分で、グルーミングによって唾液中から毛にいきわたるため、触れた人がアレルギーを引き起こすことがわかっています。スイスの研究チームは、猫の体内からこの成分を消すことができるワクチンを開発。このワクチンを猫に接種することで、体内の成分を6割以上減らすことに成功し、大きな副作用も認められなかったそうです。またこの成分に対する抗体を混ぜたキャットフードも開発されています。

猫アレルギーが減れば、猫を飼える人が増えて、幸せな猫が増えるのは確実。早く広まって欲しいですね。

文・桑原恵美子

参考資料/「猫が30歳まで生きる日治せなかった病気に打ち克つタンパク質「AIM」の発見」(東京大学大学院医学系研究科 教授 宮崎徹著/時事通信社)「獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書」(獣医にゃんとす 著/二見書房)

関連サイト

宮崎徹教授による猫の腎臓病治療薬に関する研究への寄付受付サイト「東京大学基金」(https://payment.utf.u-tokyo.ac.jp/tokyo/entry.php?purposeCode=100&supportCode=238

【宮崎徹教授メッセージ】AIM研究を応援してくださる皆様へ(https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/z0802_00014.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

恐怖!夜になるとやってくる野良猫と一緒に寝たらノミの餌食に (1.21)

  • ニュース

キジトラ猫の宅配便?いろんなおもちゃをくわえて持ってくる猫ちゃん (1.21)

  • ニュース

イノシシ退治をした猫の塚のある我が家 (1.20)

  • ニュース

猫の尿の健康状態を可視化。ロイヤルカナン初の猫トイレ用顆粒「尿中ヘモグロビンチェッカー」新... (1.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る