TOP>ニュース > ペットに触れたら静電気でバチッ!冬の悲劇を防ぐための便利グッズとは?

  • ニュース

ペットに触れたら静電気でバチッ!冬の悲劇を防ぐための便利グッズとは?

冬のふれあいを邪魔する憎き静電気!

いやな季節がやってきた。寒いだけでもしんどいのに、静電気でバチバチと走る痛みに、しばしば悩まされる時期になってきた。

特に化学繊維で出来た衣服や毛布を愛用していると、冬場のペットとのふれあいにもいささか緊張してしまう。なでようと思ったらお互いに軽い電流が流れるような痛みが走り、そのせいで犬猫、うさぎやハムスターなどと接触する際に、個体にストレスをあたえる原因にもなってしまうのだからたまらない。

まさにペットと暮らす者にとって、冬の静電気は大敵と言ってもいい。今回は、その静電気対策に役立つグッズを紹介していきたい。いずれも、ペットとのふれあいを静電気に邪魔される頻度を減らしてくれるナイスアイテムだ!

加湿器があれば静電気リスクは減る!

ご存知のように、冬場は空気が乾燥しているので水分も少なく、普段より電気エネルギーが外に放電されにくくなり、体にその力がたまりやすくなっている。そのため、ちょっとした瞬間に静電気として一気に放出されることとなり、「バチッ!」と音を立てて一気に放出されるということが起きやすい。

ときには軽く稲妻が走るほどの強烈な放出もあり、暗い場所で金属を触った瞬間などには肉眼でもよく観察できるほど。当然放出の際には痛みが生じるが、これを防ぐにはそもそも室内の湿度を高めるのが一番。そういう意味で加湿器はペットと暮らす際にも大活躍してくれる。部屋をしっかり加湿していれば、ペットと何気ないふれあいをする際にも静電気が発生しにくくなり、お互いに痛い思いをすることもなくなる。

手元に小さな水入りスプレーを…

手が濡れた状態では物に触れた際にも静電気が発生しにくくなるのはみなさまご存知のとおり。なので手元に届く範囲に、水を入れたスプレーを用意しておくのもいい。これさえあれば、ペットが膝の上に乗ってきたときなど、なでる前にワンプッシュして手になじませておけば「バチッ!」を防ぐことができる。

何もないよりあったほうが絶対にマシだし、ありがたいことに水は蛇口をひねれば出てくるものなので用意するにもコストがかからない。我が家でもこの水スプレーで冬場の静電気リスクを遠ざけているが、ネックは水なので冷たいことだ。でもそれをやれば飼い猫をなでる際に静電気で一瞬おどろかせることもなくなるので、我慢して使っている……。

天然素材の衣服を着用してみよう!

また、よく知られていることとして化学繊維は静電気を放出させにくいという特徴を持つことが多い。反面、綿などは元々自然由来の繊維なので吸湿性があり、冬場の乾燥した室内でも電気エネルギーをあまり貯めるということがない。化学繊維は保温性はあっても保湿性は不十分で、暖かさだけでなく電気も逃がしにくくなってしまうというデメリットを持っている。

静電気をそもそも起こしにくくするには、天然素材の衣服の着用を心がけるのもいい。ただしその場合、保温性には難があるため、室内の暖房をフル稼働させないと風邪を引いてしまう可能性がある。一長一短といったところか。

ちなみに、いくら天然素材で作られた衣服だけを着用していても、もともと乾燥肌の人や、体毛が濃い男性などは静電気リスクをそこまで低減できない。なので保湿クリームで肌のうるおいをキープするか、体毛に関しては脱毛するしかない。

しっかりとした静電気対策があれば、冬場の「バチッ」でペットを驚かすこともなし!

とにかく、ペットとの癒やしの時間を静電気ごときに邪魔されるのだけは我慢ならないって人も多いはず。僕だってそうだ。せっかく可愛い飼い猫を抱っこしようとして触れた途端に一条の稲妻が走り、そのせいで猫が「今のなんだ!」と、僕が痛みをあたえた悪い人間と認識したら立ち直れない……。

静電気対策は、飼い主とペットの安寧を守るためにも必要なものだと考えたほうがいいかもしれない。

ちなみに我が家では、布団の中に潜り込んだ猫が、突然勢いよく飛び出すことがあり、その際に信じられないぐらいのバチバチが、ちょうど僕の顔に多段ヒットするということが冬場はよくある。
あれはホントに痛いのでやめてほしいなぁ……。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

恐怖!夜になるとやってくる野良猫と一緒に寝たらノミの餌食に (1.21)

  • ニュース

キジトラ猫の宅配便?いろんなおもちゃをくわえて持ってくる猫ちゃん (1.21)

  • ニュース

イノシシ退治をした猫の塚のある我が家 (1.20)

  • ニュース

猫の尿の健康状態を可視化。ロイヤルカナン初の猫トイレ用顆粒「尿中ヘモグロビンチェッカー」新... (1.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る