TOP>ニュース > 年末年始の訪問客から逃げてしまう人見知り猫ちゃんの正しいフォローの仕方5選

  • ニュース

年末年始の訪問客から逃げてしまう人見知り猫ちゃんの正しいフォローの仕方5選

年末年始、人見知り猫のフォローの仕方を考えてみよう

皆さんの愛猫は人見知りですか?我が家の三毛猫は超人見知りです。インターホンが鳴っただけで床を引っかく様に走り出し、押し入れの一番上に身を隠します。そのままずっと押し入れから出てこない状態に。

それは全然いいんですがお客さんが帰るまではトレイも行けずご飯も食べられず可哀想だなと思うんです。どうにかフォローしてあげたい、そう思うのです。

特に年末年始は来客も多く、猫へのストレスが増大する時期。そんな時にどう対処して、どんな風にフォローしてあげればいいのか?今回真剣に考えてみました。

なぜ猫は人見知りをするのか? 

そもそも猫はだいたい人見知り。そりゃそうです、見知らぬ人を警戒するのは当然のこと。野良猫なんかはちょっと目を合わせるだけですぐに逃げていきますよね。調べたところによると猫科の動物はほとんどが単独行動。群れで生活をしないために信頼関係を築けていない人間が現れたらフツーに怯えるし、逃げるのが当たりませ。

また、住み慣れた我が家の縄張りが荒らされると思い不法侵入してくる輩(不法じゃないお客さんだけど)は飼い猫にとって絶対的な敵なのです。

そんなとき飼い主はどう対処すればいいのか?訪問客に気を遣いつつ猫にも気を遣うそんな方法を必死に考えてみました。

人見知りな愛猫の正しいフォローの仕方5選 

◆なんとなく大きな声を出さないように仕向けて静けさを演出する

猫は静かな世界が大好き。騒音や突然の大声をとっても嫌います。それに加え、落ち着きの無い大人もたぶんキライなはず。年末年始はとてもハッピーで多幸感満載でテンションも上がりまくりなのは分かります。分かりますが、大人なら少しは落ち着きましょう。クールな大人らしく竹野内豊さんや天海祐希さんのような落ち着いたトーンで会話してみましょう。自らお客さんを巻き込むように。そうすることであなたの魅力もUPすると共に愛猫への気遣いもバッチリ!

愛猫が隠れてしまった部屋を猫専用部屋にする

お客さんが来ると猫は遠ざかるように別部屋に移動したり、訪問客から見えない場所に逃げ込むことが多い。そうなったら愛猫のご機嫌を伺うことはやめて、その場所を愛猫の癒しのスペースに変えてあげましょう。

トイレもご飯も水もおもちゃも爪研ぎも簡易的に用意し、誰も入らないようにするのです。キャットタワーもあれば完璧ですがそこまでしなくても大丈夫。そしてちょっとだけ鳴き声が聞こえてきたらすぐに駆けつけてあげましょう。

この方法を実践すると、寂しくなった猫ちゃんは意外とみんなの輪に入りたがって鳴き始め、お客さんが居るスペースにトコトコやってくることもあります(筆者経験談)

事前に来客用トレーニングをしておく

お家にやってくるお客さんを単なる「敵」から格を上げて「やさしいお客様さん」へ昇華させてしまうのはいかがでしょう?たとえば、お客さんが来る度に美味しいおやつをあげるとか大好きなおもちゃでご機嫌を伺うとか、心の扉を数センチだけ開けて頂く努力をするのです。

それを何度か続けることで「敵」から「悪そうで悪くない少し悪いけど嫌いじゃないお客さん」という桃屋の食べるラー油みたいな印象に変わるかもしれません。それを狙いましょう。来客の印象を変えましょう。安全な人間であると実感して頂くわけです。そう理解して頂くことで警戒心が解けていくかと思います。

いっそ、マジで猫優先にする

人見知りをしない猫にしたいなら、可能であれば仔猫の頃から家族以外の色んな人と触れ合い抱っこしてもらったりすると他人への恐怖感や不快感も減少すると言われています。でもそれって結構無理。ウチの子、もう仔猫じゃないしって人も多いはず。ならばこんなこと言いたくないですが友達を自宅に招くの、やめません?たとえ友達が居なくても猫がいればいいやという方におすすめしたい究極の猫優先の生活です。

また、猫目線で考えれば愛猫が家族以外の人を嫌がるということは自分だけを信頼してくれているという証拠。自分だけは人見知りされない「特別な存在」であることに誇りを持ちましょう。そう思えば、友達なんか居なくても大丈夫!なはず。

寅年を猫年に変えてしまえばいいじゃん

2022年は寅年。猫好きにとってはもはや猫年です。猫が十二支に入れなかった理由は諸説ありますが特に有名なのはネズミに嘘をつかれて十二支に入れなかったというもの。それがきっかけでネズミを追いかけ回すようになったのだとか。

かわいそうですよね、猫。だからこそ猫年にしたいですよね。でもベトナムには猫年があるんです。なので年末年始はベトナム料理を食べてみてはいかがでしょうか?生春巻きでもフォーでもバインミーでもいいです。唐辛子とライムの香りで愛猫にさりげなく「猫年」をアピールしてみてはどうでしょう?

全く意味がなかったらごめんなさい。完全に気持ちの問題ですがすべては気持ちが大事。2022年も愛猫のためにゴン攻めビッタビタで余計なアドバイスにはうっせぇわを浴びせつつ愛猫との大冒険をととのえていきましょう!

2022年は絶対的猫年宣言!

/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】退屈だから?あくびをする時、猫はどんな気持ちなの? (1.19)

  • ニュース

【使用レポ】ダイソーの「ペットブラシ」でカーペット掃除をしてみたら… (1.19)

  • ニュース

寅年に知っておくべき小さき猛虎、猫という存在 (1.18)

  • ニュース

家に飾れば幸せがやってくる!?「信楽焼まねき猫」が誕生 (1.18)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る