TOP>ニュース > 【猫クイズ】家具への被害を減らしたい!猫が嫌がりにくい爪切り法とは?

  • ニュース

【猫クイズ】家具への被害を減らしたい!猫が嫌がりにくい爪切り法とは?

猫がストレスを感じにくい爪切り法とは

猫にとって爪は大切な武器であるからこそ、爪切りを苦手に思う子は多いもの。そんな子に、できる限りストレスを与えず、安全に爪切りを行うには工夫が必要。

今回はクイズを交えて、猫に負担を与えにくい爪の切り方を紹介します。

爪切りが苦手な猫に対して避けたほうがいい爪切り法は、次のうちどれ?

①タオルなどで体を包んで抱く

②爪切りしているところが見えないように猫の視界を塞ぐ

③寝ている間に切る

正解は、この下に・・・!

正解は②の「爪切りしているところが見えないように猫の視界を塞ぐ」です。

猫の爪は完全室内飼いの場合は切ってOKですが、外と家を自由に行き来している子は切ると木に登れなくなったり、いざという時の武器にできなくなったりして、ストレスを溜め込むことがあるので要注意。

爪を切る際は人間用の爪切りを使用すると爪が割れてしまうことがあるため、必ずペット用を使用しましょう。愛猫が爪切りを嫌がる場合は1人が猫の体をタオルで包んで抱きかかえ、もう1人が爪を切るのがおすすめ。

2人がかりで行うことができない場合は「洗濯ネットに愛猫を入れ、網目から爪を出して切る」、「寝ている間にコツコツ切る」、「終わった後におやつをあげて爪切りを良い思い出にする」という対策法を取っていくのもよいでしょう。

最近では爪切り中に猫の視界を隠す専用のマスクなどが販売されていますが、視界が見えないと猫は恐怖を覚え、余計に爪切りが苦手になってしまうケースもあるので注意が必要。特に、警戒心の強い子は何をされるのか分からず、パニックになってしまう可能性があります。

また、爪抜きは人間でいうと、第一関節を切り落とすような手術。アメリカでは術後、痛みから猫砂をかけなくなったり、歩行に支障が出たりする子もいたそうなので、行わないようにしましょう。

ちなみに、どうしても爪切りができない場合は動物病院に頼るのもおすすめ。定期健診も兼ね、爪切りを行えば健康も守れて一石二鳥です。

ぜひ、愛猫の性格を考慮し、できる限り負担をかけない爪切り法を探してみてくださいね。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

恐怖!夜になるとやってくる野良猫と一緒に寝たらノミの餌食に (1.21)

  • ニュース

キジトラ猫の宅配便?いろんなおもちゃをくわえて持ってくる猫ちゃん (1.21)

  • ニュース

イノシシ退治をした猫の塚のある我が家 (1.20)

  • ニュース

猫の尿の健康状態を可視化。ロイヤルカナン初の猫トイレ用顆粒「尿中ヘモグロビンチェッカー」新... (1.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る