TOP>ニュース > 交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。【猫、置いときますね】

猫の交通事故は、悲しいことにとても多いです。

「車のような大きなものと直面すると身動きがとれなくなる」「車のライトに驚いて立ち止まってしまう」「後ずさりや後ろ歩きを滅多にしない」など、その理由は猫の習性と関係しているといわれています。

さて、今回ご紹介するのは、ある日突然交通事故に遭ってしまった黒猫の話です。一時は獣医さんに安楽死をすすめられるほど重症だった彼が、奇跡的な回復を遂げ、幸せに暮らしている現在の姿がこちらです!

ラッキーマンな黒猫

黒猫ラッキーくんと同居猫たち7

彼の名前は「ラッキー」くん。今年の秋に7歳になった黒猫の男の子です。

黒猫ラッキーくんと同居猫たち3

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13

お茶目な表情や甘える仕草が愛嬌抜群なラッキーくんはSNSでも人気者で、親しみをこめて「ラッキーマン」なんて呼ばれています。

今でこそわんぱく坊主な彼ですが、ラッキーくんはかつて交通事故の大けがから立ち直ったスーパーヒーローなのです

飼い主の爺ーザスさんが彼と出会ったのは、約7年前。当時飼われていたラブラドールレトリバーの愛犬さんを連れて、お散歩していたときのことでした。

交通事故に遭ったと思われる黒猫が、草むらの中に隠れるようにうずくまっていたのです。

すぐに動物病院へ連れて行くことにしましたが、当初はワンコを飼われていたこともあり、けがが治ったらまた外に放してあげるつもりでいたのだそう。

しかし、連れて行った先の動物病院で獣医師さんから告げられたのは予想外の言葉でした。

「安楽死をさせたほうがいい」

下顎は粉砕骨折、左前足もまったく動かせないという状態の猫を診て、獣医さんは安楽死を勧める判断をされたのです。

「治療すれば元気になるだろうと安易な考え方をしていた自分にとっては、想定外の答えで。自分の決断でひとつの命が消えてしまうと思うと、答えを出せずに黙り込むことしかできずにいました。」(爺ーザスさん)

結局その日は答えが出ないまま、痛み止めの薬を出してもらい家に連れ帰ったという爺ーザスさん。

考えた末、安楽死ではなく治療していく道を選びました。

「意地でも助けてやろう」という覚悟でラッキーくんと共に様々なことを乗り越え、今に至ったのです。

保護猫兄妹たち

黒猫ラッキーくんと同居猫たち12

事故の後遺症によって下顎が少し短く、左前足も失ったラッキーくんですが、なんのその。キャットタワーだって、おもちゃ遊びだって大好きです。

そして今では猫の弟・妹分たちもできて、大家族の長男になりました。

黒猫ラッキーくんと同居猫たち17

次男坊の「ナイト」くんは現在3歳の男の子。新入りや保護猫ちゃんがお家にやってくるとすかさず面倒をみてくれる彼は、みんなに好かれる保父さん役です。

黒猫ラッキーくんと同居猫たち16

チョビ髭のような模様が可愛い長女の「チョビ」ちゃんは現在1歳の女の子。仔猫の時にお家に遊びに来ていたところ、すっかり2匹と仲良くなり、そのままお家の子になりました。

黒猫ラッキーくんと同居猫たち1

次女の「ホーリー」ちゃんは現在生後6か月の女の子。今年の夏頃、ご近所をひとりでウロウロしていたところを保護してもらいました。シャム系の高貴なお顔立ちですが、なかなかのお転婆さんです。

黒猫ラッキーくんと同居猫たち5

そしてほんの数か月前にやってきた末っ子が、ラッキーくんと同じ黒猫の「ナックル」くん。背中に噛まれた跡がある状態で保護してもらい、治療とリハビリをがんばって元気になりました。

黒猫ラッキーくんと同居猫たち10

黒猫ラッキーくんと同居猫たち11

まだまだ無邪気なナックルくんは、おやつの順番待ち中、後ろの人(猫)に耳をかじられても気にしないという食いしん坊な一面も持っています(笑)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち18

黒猫ラッキーくんと同居猫たち2

黒猫ラッキーくんと同居猫たち6

兄妹たちはどの子もみんな穏やかな性格で、突然新入りの保護猫がやってきてもいつも優しく接してくれるそう。

黒猫ラッキーくんと同居猫たち9

それはきっと長男のラッキーくんが優しい性格だからなのだと、爺ーザスさんはコメントされています。

黒猫ラッキーくんと同居猫たち14

大けがから立ち直って幸せに暮らす黒猫、ラッキーくんとその同居ネコチャンたちをご紹介しました。

爺ーザスさんのツイッター(@0px5cj1c38z2r5a)
https://twitter.com/0px5cj1c38z2r5a

取材・文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る