TOP>ニュース > 番外編。猫のイイ写真を撮るコツ【田代島ドンベエ通信 】

  • ニュース

番外編。猫のイイ写真を撮るコツ【田代島ドンベエ通信 】

2つのポイントを抑えて、猫のイイ写真を撮ってみて!

もう何年もオラのそばに来て話しかけてくる人間のオヤジがいるっちゃ。この間、背中を擦ってきたから「オラを気安く触んじゃねーっちゃ!」と引っ掻いてやったっちゃ。そいつはいつも黒くて不思議なものを持ってきてオラに向けるんだ。魂が吸い取られやしねーか心配だっちゃ。(ドンベエ談)「~ちゃ」、「~だっちゃ」は島の方言。

田代島に訪れる観光客の殆どが携帯電話やタブレット、コンデジから一眼レフまで様々なカメラで猫を撮っている。せっかく可愛い猫たちが沢山いる島に来たのだから、猫たちをキレイに可愛く撮って帰りたいですよね。

今回は猫の写真を撮るうえでのポイントをちょっとだけ書いてみようと思います。参考にしていただければ嬉しいです。

ポイントのひとつめは「猫の都合」に合わせるということ。この田代島で僕が猫を撮る場合、季節によって時間は異なるが、夜明け前の暗いうちから前の日に決めておいたポイントへ移動して、あたりが白みはじめると同時に撮りはじめる。そして朝陽が昇りきるころに撮影を終える。僕が撮る絵の7~8割がこの時間帯に集中している。

猫は薄明薄暮性なので朝と晩の動きが活発。この時間帯で比較的面白い絵が生まれるし、少し暗めの場所で撮ると黒目が大きく丸くなって可愛い絵が増えるのも理由のひとつ。薄明(明け方)と薄暮(夕暮れ)の時間帯に、主として活発になる生き物

陽が登りきる頃、猫たちは島のあちこちで朝ごはんをもらい、各々毛繕いをしながらまったりとした時間へ。それを見届けてから僕自身も宿に戻り画像整理をしながら朝ごはんを食べるという毎朝の流れになっている。

人間の都合ではなく「猫の都合」に合わせることが何よりも大切で、猫の習性をよく理解することで普段では見られない姿をより多く発見でき、素の姿を収めることができる。

そしてもうひとつのポイントは「光」。講習会などの際「光を制する者が写真を制す」と僕は伝えている。ピントの精度や構図の作り方ももちろん大切だけれど、それと同じぐらい光のコントロールは大切だ。

僕は「雲ひとつない青空」という日はカメラを置いてビールを片手にのんびりと猫観察をしているときが多い。追い打ちをかけて風もなく雲が動きそうにないときなどは、カメラをしまうことも。それだけ「ピーカン」の日に撮ることは少ない。その理由はただひとつ「強いコントラスト」。

猫様の下僕的立場の僕が写真を撮らせていただくのだから、そりゃもう毛の一本一本まで美しく撮らないうと申し訳ないというわけではないが、顔も身体も影が強いと印象が変わるし、毛並みが綺麗に表現できない。

どこかに行ったときに撮る記念写真でも強い日差しの中のものは影がキツくあまり綺麗だと感じられないこともあるだろう。

そんなとき相手が人間であればストロボを使って日中シンクロやディフューザーと呼ばれる物を頭上に置き光を柔らかく拡散させたり、レフ板と呼ばれる光を反射させる物を使い影を柔らかくするテクニックはあるけれど、外で、ひとりで、しかも相手は猫様そんなことはいろいろと試してみたがはっきり言ってやっていられない。だからあえて意図した絵の場合以外、ピーカンのもとで撮ることをほぼしない。

それでも必要性を感じて撮らなければならないときは、ます頭上を見上げ雲の流れを確認し、薄雲が太陽に少しかかってくるまでのんびりと待つ。しかし相手は猫、いつの間にかいなくなっていることもあれば、逆にさらに面白い子が視界に飛び込んでくるケースも有るからそれはそれで面白い。

「少しでも明るい部分と暗い部分の差を極力減らした状態で撮る」ことを意識するだけで絵は変わってくることは間違いない。日陰や日差しの柔らかいところに誘い込むのもひとつの手だろう。

以下の画像はそれこそピーカンの日に撮ったもので、しかも半逆光。左がピクチャーコントロール(ニコン)の設定を「スタンダード」にシミュレーションしたもの。おそらくどんなカメラでも初期設定のままこの条件下で撮れば左のような写真になると思う。

ちなみに右は実際にピクチャーコントロールの設定を「フラット」にし、アドビのフォトショップなどの画像処理ソフトで色調補正をしている。好みはあると思うが質の違いは一目瞭然だろう。

今回は「猫の都合」と「光」について書いてみたが、また機会があれば別の視点で猫を撮るときのポイントを書いてみたいと思う。

あっ、もし雲ひとつない青空のもと僕が猫にカメラを向けているのを見かけたらそれは間違いなくただのパフォーマンスと思ってくださいね(笑)

文・写真)ケモノの写真作家。小山 智一
https://ne-cozou.com/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

密航者の潜伏先は島のえき【田代島ドンベエ通信 】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る