TOP>ニュース > 最近、街で野良猫を見なくなった理由は?

  • ニュース

最近、街で野良猫を見なくなった理由は?

街で野良猫を見なくなった理由

最近、野良猫の姿を街で見かけることが少なくなりましたよね。私は単純に、「保護猫活動が盛んになったからだろうな」と思っていました。が、別の可能性もあることを最近、「知りたい!ネコごころ」(髙木佐保著/岩波書店刊)という本で知りました。

この本によると、野良猫や外飼いの猫が多かった昔は、猫も自由恋愛・自由繁殖が大多数を占めていました。だから猫も性格的に多彩で、人懐こい子もいれば、人を警戒する猫もいたのです。

しかし最近は法律的にも完全室内飼いが義務付けられ、室内飼いの猫のほとんどが(生殖器に関わる病気の予防のためにも)去勢・避妊されています。つまり、人と暮らしやすい穏やかな性格の猫の繁殖は抑えられています。一方、人に対して恐怖心や警戒心が非常に強い猫=外で暮らしている猫だけが、自由に繁殖していくという状況になっています。

このような状況が続くと、野良猫は人が飼育できない警戒心が強い猫同士が掛け合わされ、ますます臆病な性格の猫ばかりになります。すると人間との接触を避けて人の少ない地域に集まるようになり、将来は人目につかない山奥などで生活するような猫が大多数になる可能性もあるというのです。本には「数十年後には街で野良猫を見かけることはなくなるかもしれません」と書いてありましたが、すでにその兆候はあるのかも…。

人にシャー!をするのは、和猫だけ

ここ何百年かの間にさまざまな「猫種」が確立されている西洋では、猫の性格が偏る傾向が特に顕著です。それは、純血の血統を守るために、人間が繁殖のコントロールをするようになっているからです。

その顕著な例が、キャットショー。キャットショーでは、知らない場所に連れてこられて、初対面の審査員がさまざまなところを触ってチェックしても、怯えたり怒ったりしないことが参加の基本資格。ということは、ブリーダーさんは、そのような場所でおとなしくできるおおらかな性格の猫、言い換えれば「新奇なものをこわがらない、人に対するストレスホルモンの反応が低い個体」を選んで、繁殖させていきます。その結果、雑種の多い和猫と比較すると、純血種の多い洋猫は、知らない人にもフレンドリーである確率が高くなっているそうです。獣医さんの中にも、「人に(相手を威嚇する)シャー!をするのは和猫ばかり」という証言もあるとか。

飼い猫と野良猫は、別の品種に進化していくかも?

この本ではさらに、室内飼い猫と野良猫の「性格」の二極化がどんどん進んでいくと将来、別の品種に進化してしまうかもしれない、という可能性にも言及しています。

いくらなんでも、性格の違いが猫の品種の進化にかかわるなんてことはあるの?と驚きました。しかし研究では、そうした変化は想像よりも早く起こることがわかっているそうです。ギンギツネを家畜化するロシアの研究では、野生のギンギツネを家畜化するのにかかった年月は、たった50年だったそう。その方法は単に、「人間を怖がらない個体」を選んで繁殖させていくだけ。たった数世代で、人が来ると甘え鳴きをしたり、尻尾を振ってアピールしたりするなど、生まれながらに顕著な“イヌ化”が見られるキツネが生まれるようになったとか。

ネコ科の動物で、一部の猫だけが「懐きやすい」遺伝子を持っている

そう聞いても、「それは単なる性格の変化であって、品種の違いではないのでは?」と思ったのですが、そうした人懐こさの違いは、遺伝子にも影響を及ぼすことも研究でわかっています。

現在の「イエネコ」の祖先は、もともと非常に警戒心が強く臆病なことで知られる野性の「リビアヤマネコ」。その中の、特異的に人なつこい性格の猫だけが人間と暮らすようになり、イエネコに進化していったのだと考えられています。家畜化されていないツシマヤマネコと、ふつうの猫を、遺伝子(人と接する時のストレス反応の違いに関わる、「オキシトシン受容体遺伝子」)の変化と、「なつきやすさ」の行動を調べたところ、関連することがわかったとか。

その結果、猫には「なつきやすい遺伝子」を持っている猫と、持っていない猫がいますが、他のネコ科の動物は全員が、その遺伝子を持っていないことがわかったのです。兄弟猫で、親が同じで生育環境が違っても性格が違うのは、もしかしたらこの遺伝子が関わっているのではないか、とも見られています。

ちなみに、この種の「伴侶動物としての絆」の科学的な調査や実験は、犬のほうが進んでいるそうです。オキシトシンの量を調べるのに、犬は散歩の途中のマーキングで新鮮な尿を採取できますが、猫の場合はいつおしっこをするかわからないので、新鮮な尿を採取しにくいのだとか…。

文・桑原恵美子

参考資料/「知りたい!ネコごころ」(髙木佐保/岩波書店)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る