TOP>ニュース > 【猫クイズ】食べやすくて好みやすいフードボウルの特徴って?

  • ニュース

【猫クイズ】食べやすくて好みやすいフードボウルの特徴って?

愛猫がもりもり食べてくれるフードボウルとは

最近では、フードボウルにこだわる飼い主さんが増えてきています。愛猫が、もぐもぐとおいしそうにキャットフードを食べている姿は、にゃんとも微笑ましいものであるからこそ、みなさんの中にも、「うちの子がもっと食べやすいと感じるお皿が欲しい!」と思っている方もいるのではないでしょうか。

今回はクイズを通して、猫が食べやすいフードボウルの特徴を解説。新調する際に、ぜひ参考にしてみてください。

Q.猫にオススメなフードボウルの特徴として、当てはまるのは次のうちどれ?

①材質がプラスチック

②ヒゲにぎりぎり触れる大きさ

③少し縁があり、重量もある

正解は、この下に・・・!

正解は③の「少し縁があり、重量もある」です。

フードボウルを選ぶ時は、重くて安定感があるものを。ご飯を食べている時にお皿が動いてしまうと、猫が食事に集中できない可能性があります。

また、愛猫が食後にフードボウルの周りをカキカキする場合、軽いお皿だとひっくりかえされてしまい、飼い主さんにストレスがかかってしまうことも。

こうしたことを防ぐためにも、重量を重視することは大切。縁があるフードボウルなら、食べこぼしも少なくなります。

安価なフードボウルはプラスチック製であることが多いものですが、材質は陶器がおすすめ。なぜなら、プラスチック製は洗っても汚れが落ちにくく、においも残りやすいから。傷がつきやすく、そこから雑菌が繁殖してしまうこともあります。

対して、陶器は傷がつきにくいため雑菌が繁殖しにくく、安定感もばっちり。ただし、ヒゲに触れる大きさだと嫌がって使わない子もいるので要注意。愛猫がちょっぴり神経質な性格である場合は、あらかじめ猫の顔周りを計り、顔を突っ込んだ時にヒゲが触れない大きさのフードボウルを購入するようにしましょう。

なお、フードボウルの最適な高さは約58cm。このくらい高さがあると、首や体を曲げて食事をしなくて済むので負担が減らせ、食後にキャットフードを吐くことが減ると言われています。

今よりもっとストレスフリーで健康的な食事タイムを生み出すため、これを機にフードボウルにもこだわってみてはいかがでしょうか。

/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る