TOP>ニュース > 今年も発売!ネコ専用こたつ付きみかん「猫とこたつと思い出みかん」がエモい!

  • ニュース

今年も発売!ネコ専用こたつ付きみかん「猫とこたつと思い出みかん」がエモい!

「猫とこたつと思い出みかん」2008年から累計5000箱突破!売上の一部は保護猫活動の支援金に

和歌山グルメのネットショップ「チキンナカタ」を運営する有限会社nakatxは、日本初となるネコ専用こたつ付きみかん「猫と、こたつと、思い出みかん」の販売を12月3日より開始する。

「猫と、こたつと、思い出みかん」は店主が猫好きであったことと、猫とこたつとみかんは日本の冬の風物詩であることから企画した日本初となる猫専用こたつ付きみかん。猫というかわいい存在あっての商品であることから、売り上げの2%が保護猫活動の支援金としてネコリパブリックへ寄付される。また、同時開催のフォトコンテストも同じように、1投稿につき2円が不幸な保護猫をなくすために寄付される。

ネコ好きを中心にSNSで話題を呼び、2018年冬からの累計で5000箱を超える注文があった。

みかんやジュースについてくるおまけの猫専用こたつは段ボール製で、足を差し込むだけで完成。天板もついていて、おうちにある布をこたつぶとんのように天板との間にはさむだけで、おうちの猫ちゃん専用コタツができる。

組み立てたコタツとおうちの猫ちゃんで、かわいい「こたつ猫」の写真を撮ることができる。

撮影した写真を「#猫とこたつと思い出みかん」のハッシュタグをつけてインスタグラムまたはツイッターに投稿すれば、かわいい写真(動画でもOK)を投稿した3名に、愛猫を神様に見立てて参拝することができる「ネコ神社ハウス」が当たるフォトコンテストも開催。なお、投稿する写真は人間用こたつと猫ちゃんの写真でも可。

今年の冬は猫とこたつと、みかんで!

「猫と、こたつと、思い出みかん」で届けられるみかんは、太陽の光をたっぷりと浴びた和歌山みかん。有名な「有田みかん」と、有田みかんと同じ品種で近隣地域で育てられている、甘酸っぱくて味の濃い「土生(はぶ)みかん」「天田みかん」の3種類のうち、いずれか1種類5kg入りとなる。

「土生(はぶ)みかん」「天田みかん」は、有田みかんにひけをとらない味の濃いみかん。ただ有田みかんに比べると知名度が低いために、一生懸命育てた農家たちが望むような価格で買い取ってもらえなかったり、いまだ大きな流通に乗りにくいという課題がある。

同社は「猫と、こたつと、思い出みかん」をつうじ、届いたとき、箱を開けたあと、そして食べたときそれぞれに喜びのある「一粒で3度おいしいみかん」を味わってもらうことで、愛情たっぷりのみかんを育てている和歌山の農家たちにも貢献していきたいと考えている。

※12月2日(木)までHPにて予約受付中。

※和歌山のみかんは収穫の早い早生(わせ)品種のため、年内いっぱいの販売予定。

「猫と、こたつと、思い出みかん」
https://item.rakuten.co.jp/chicken-nakata/10001438/(楽天)
https://chicken-nakata.jp/shopdetail/000000000091(本店)

チキンナカタ
https://www.rakuten.ne.jp/gold/chicken-nakata/(楽天)
https://chicken-nakata.jp/(本店)

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

密航者の潜伏先は島のえき【田代島ドンベエ通信 】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る