TOP>ニュース > こんな時どうする?電車やバスの公共交通機関で犬猫の鳴き声が止まらない

  • ニュース

こんな時どうする?電車やバスの公共交通機関で犬猫の鳴き声が止まらない

基本的にみんな我慢してくれるけど、電車やバスで移動中のペットの鳴き声は時に反感を招く…

動物病院にペットを連れて行くとき、基本的に自家用車を持たない人の場合はタクシーを呼ぶということが多いんじゃないだろうか。タクシーなら目的地まで1台で行けるし、お金は掛かるが周りに迷惑を掛けることもなくて済む。

一方で電車やバスでキャリーに入れた状態のペットと一緒に移動する飼い主さんを見かけることが、ごく稀にある。

以前、新幹線の中でめちゃくちゃよく吠えるワンちゃんを見かけたことがあった。当然キャリーの中に入っているので、声だけが響いていたんだけど、周りの乗客もだんだん険しい顔になっていき、最終的には飼い主さんはキャリーごと通路に移動してしまった。これはまあ、いい判断だったと思う。

みんながみんな、動物好きでもないし……。

電車もバスも、ペットの同伴を拒否していないことはおぼえておきたい!

人間同士ですら公共交通機関を利用している者同士でトラブルに発展することがあるのだから、犬や猫を乗せた場合、ときには誰かを嫌な気分にさせる可能性は、ゼロではない。またはペットと一緒に電車やバスに乗った飼い主さんが、動物嫌いな人から因縁をつけられて嫌な思い、怖い思いをする可能性もある。

ちょっと公共交通機関を利用して、ペットを移動させることに奥手になっちゃいそうだが、しかし電車もバスも、ペットを乗せても別に問題ない。

電車の場合は鉄道会社ごとにペットと乗車するルールというものがあり、基本的に一緒に乗ってもOKとなっている。当然その際にはキャリーに入れておくことが前提で、これが除外されるのが盲導犬などである。

バスの場合もペットは同伴乗車が可能となっている。これもバス会社によってルールは異なるので、利用する前に確認しておくのがいい。

ペット同伴OKってことになっている以上、過剰に委縮する必要はないし、まして利用を控える必要もない。ただ、どうしてもペットの鳴き声で周りの乗客に迷惑を掛けることはあるものだ。こういうとき、飼い主はどうすればいいのだろう。

ペットが突然鳴き声を!こんなときどうする?

公共交通機関を利用してペットと移動している最中、そのペットが大きな鳴き声を出すようになったら。飼い主さんはこのとき、どうするのが正解なんだろうか。

一つは冒頭で書いたように、新幹線を使っている場合はデッキにキャリーごと移動してしまうのが一番だろう。繁忙期を除いては、ほぼデッキには人もいないし、これが一番。

また都市部の特急、快速電車ならグリーン車がある。そのグリーン席をキープし、万が一鳴き声がうるさくなったらこちらもデッキに待機すれば、やはり音の問題は多少解決する。ちょっと狭いのがネックだけど。

一方でバスの場合は、デッキも通路もない。だからうるさくなってしまったら、周りの迷惑を考えて一度次のバス停で下車するのも手。そうしてしばらくペットに外の空気を吸ってもらって、落ち着いてきた頃にまたバスに乗って目的地に向かうのもいいんじゃないだろうか。

問題はこれも都市部の、バスの本数が多い地域だから出来る手段であって、1日にバスが数本しか来ないような土地だとなかなか難しいというところだ……。でも、無理にペットがうるさく鳴いているまま目的地まで不動心で耐えるのも反感を買ってしまう。周りに頭を下げながら「うるさくしてすいません、次で降ります」って言っておくのも必要な対処ではないか。

この「うるさくしてすいません、次で降ります」って言葉は案外大事で、他の乗客の中に動物好きがいると「どこまで行くの? 目的地まで降りなくていいよ」と助け舟を出してくれることがたまにあるのだ。一応言っておいて損がないし、カドも立たないセリフなので、ぜひこれはおぼえていただければ。

ペットと電車やバスでの移動は可能だがまだまだ課題は多い…

という具合に、一応電車もバスも、ペットと一緒に乗ることはできるという話と、鳴き声トラブルの際の対処法について書いていったところ。ただ根本問題としてキャリーに入れての移動が欠かせないので、日本の交通機関では現在、キャリーに入ることのできないサイズの犬は乗車ができないということになる。これはもう仕方のないことで、現状ではどうしようもない部分。

身体の大きなペットを移動させるには、自家用車を使うぐらいしかないというわけだ。海外の一部地域ではキャリーに入れなくても、口輪などをさせて乗車OKというルールが適用されている国もある。日本もいずれそうなる可能性もないとは言えないが、ペットとの公共交通機関の利用に関する話題自体があまり盛んではないため、そういう日が来るのはまだ先のことだろう。

(文/松本ミゾレ)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る