TOP>ニュース > いつ帰るかわからない娘よりも、猫のための部屋作り。

  • ニュース

いつ帰るかわからない娘よりも、猫のための部屋作り。

虹の橋を渡る日まで

コロナの緊急事態宣言が解除されて、ようやく田舎に帰ることができた。私は田舎に残してきた両親と猫と本が心配で、朝一番の飛行機を予約した。父親が農作業用の軽トラックで空港に迎えに来てくれた時は、涙が出てしまった。

家までの道のりの間で、帰れなかった2年の間に田舎で起きた出来事を聞いていた。東京では聞くことの少ない、懐かしい訛りにつつまれていた。

玄関を開けるとすぐに猫たちがやってきて、忘れられていなかったと安堵した。しばらく再会を喜んで、猫と遊んでいると、母親から「さっさと着替えて、食事よ」と叱られた。

二階の自分の部屋を開けて驚いた。完全に、猫部屋になっている。私のベッドや机はあとかたもなく、猫の寝床とトイレが置かれている。押入れを開けたら段ボールが積まれていて、私の荷物が入っていた。

床にはビニールシートが敷かれて、爪とぎしても傷が付かないようにリフォームされている。壁には階段がしつらえてあり、高いところで眠れるようになっていた。

たった2年の間に私の痕跡をすべて消されていた。突然、変化してしまった自分の部屋を見て、驚きと悲しみが沸き上がってきて、呆然と佇んでいた。

母親が怒鳴りながら「何してるのよ、早くご飯食べに降りてきてよ」と階段を上がって来た。私は涙を飲み込んで、「今行く」と猫のおもちゃの間に荷物を下ろした。

部屋に入って来た母は、猫部屋を見まわして、

「すごいでしょ、ここ、猫たちの部屋にしたの。タワーは裏山から切って来たお父さんの手作り」

と、頑丈そうなタワーの支柱をなでている。

「ここ、もうベッドがないから、今夜は洋間のソファーで寝てね」と、サッサと階段を下りて行ってしまった。

実家に帰ったのは2年ぶりのこと。コロナで自宅待機になるなど、生活が激変して、私にとっては長い長い2年だった。実家へ帰りたいと願って待った、2年間だった。

でも、両親にとってはそうじゃなかった。いつ帰るかわからない娘よりも、猫のために部屋を改築した。かわいい猫たちが部屋で快適に過ごせるように、娘の荷物を封印した。

東京で仕事をすると決めた時から、私は自分が親離れしたと思っていた。でも、コロナで会えない間、私は親のことばかり考えていた。親はとっくに子離れしていたというのに。

そういえば、家に来る途中、父は私の生活や仕事について、何も聞かなかった。コロナの間、田舎で起きた出来事だけを話していたっけ。

そう気が付いて、食事をしていると、両親はすでに自分たちの世界ができていて、私の存在は、蚊帳の外だった。母親は納戸の釣り道具について延々と父に文句を言い、父もそれに対していちいち反駁している。私の存在はとっくの昔に消えていたのだ。

それにしても2年ぶりの帰省である。心配しなかったのだろうか。どうしてこう、いつも通りなのだろう。私は両親が心配でたまらなかったのに。何か言おうとしたら、猫がするりと寄って来た。

猫だけが久しぶりの私に甘えて、足元に寝そべってくれる。猫の重みを足に感じながら、猫だけが私を待っていてくれたと感じていた。

(文/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

密航者の潜伏先は島のえき【田代島ドンベエ通信 】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る