TOP>ニュース > 小春日和の地域猫公園で、来園者から愛されまくる猫たち

  • ニュース

小春日和の地域猫公園で、来園者から愛されまくる猫たち

徹底したルールの厳守がなされた地域猫活動はなかなか難しい

地域猫活動。それは地域住民の了解のもと、ボランティア団体が近隣に住む猫を一旦捕獲し避妊・去勢を行ってこれ以上増えないようにしたのち、その地域で当代限りの後を見守るという活動。具体的にいえば餌の世話をしたり、付近の猫の排泄物を掃除して取り除いたり、調子を崩す猫の治療をしたり、里親希望者に譲渡したりと、することは結構多い。

基本的に手弁当で行う活動なので、なかなか大変だし、猫がその地域からいなくなることがゴールで、何年もかけてお世話を毎日、雨の日も風の日もすることになるわけだから、ボランティアさんたちの労苦は想像に絶する。

しかし、今は全国的にそういった活動を率先して行う方々も増えている。地域住民にしても、野良猫が次々に増える状況では不衛生であるため、この活動に理解をし、応援をするというケースもある。

今回は地域猫活動の、一つの成功例と呼べる話をしていきたい。

虐待、失踪など、地域猫を取り巻く環境は過酷だが…

もう何年も前から、僕が足繁く通っている公園がある。そこは最盛期100頭あまりの猫が暮らす地域猫のメッカのような公園だった。

今はさすがにそれほどの数はいない。里親さんにもらわれて幸せに暮らす猫も相当数出たし、みんなに見守られて最後まで公園で過ごして、天国に旅立った猫もいる。が、みんながみんな安穏と暮らせるわけではない。虐待によって無惨な死を遂げた猫も少なくはない。

ただこの公園では、ここ数年は至るところに地域猫を見守ることをお願いする看板などが立つようになり、だいぶ来園者の猫を見る目は穏やかではある。
それこそ先日も、日差しがあってなかなか暖かかった日曜日の午後に公園を訪れると、大勢の来園者で賑わっていたが、そこかしこで猫を愛しそうになでる人たちを見た。

子供連れの方や、高齢者の方など、猫を大事そうに見守っている様子が至るところで見受けられ、正直ホッとした。

虐待のターゲットになりやすい猫は、自己満足の標的にもなりやすい…

長いこと地域猫の住む場所を観察し続けていると、思い出したくない記憶ってのも相当増える。一見すると平和そうな場所であっても、地域猫を狙って虐待を試みる者ってのはどうしてもゼロにはならない。

今年に入ってこの公園で猫の不審死が立て続けに発生し、警察も出動するわ全国ニュースにもなるわの大騒動となった。来園者から名前をおぼえてもらうほど認知されたり、まもなく里親さんの家に行くはずだった地域猫が殺されてしまうという事態だって、実際起きている。が、世の中悪い人ばかりではない。猫を大事に思いつつ、地域猫たちに同情しながらも無責任な餌付けもしない、しっかりとした人は随分多くなった。

それでもまだまだ、猫に身勝手に餌やりをする人はいるが、地域猫のコミュニティでは毎日ボランティアさんが餌をあたえるので、餌付けの必要などないのだ。むしろ食べ残しをそのまま放置するような餌付けは、ボランティアさんや公園の管理者に無駄な苦労を強いる。

猫がかわいいのは分かるが、食うにこまる地域猫というのはそうそういない。大抵の場合、ボランティアさんが毎日全頭確認し、しっかりご飯を食べさせているので心配はいらない。やっぱり、ボランティアではない人が猫に餌をやりたいなら、自分の家で猫を飼うのが一番かな!

公園で静かに暮らす猫は、静かに見守るのが僕らの役割!

地域猫の住む環境で、ボランティアではない人が猫にできることは、そう多くない。せいぜい見守るか、優しくなでるか。そのぐらいかなぁ。

なにか食べ物をあたえようとする気持ちになるのもわかるけど、それは本来しなくてもいいこと。そういうことは、ボランティアさんたちが365日やってくれている。

なのでどうしても地域猫のためになにかしたいなら、自宅がペット可物件であるなら引取を申し出るのがいい。地域猫が1頭卒業すれば、それだけボランティアさんの苦労も減る。

あるいはボランティアさんたちのホームページなどを検索して、カンパするのもいいだろう。自分の出したお金が、猫たちの医療と食費に使われるのだから、これも有意義なことだ。

地域猫に対しては、なにもしないことをする。これが猫を愛する人たちのたしなみとおぼえておきたい。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る