TOP>ニュース > うちの猫はしゃべる猫だったのか。私と猫の誰にも言えないヒミツ

  • ニュース

うちの猫はしゃべる猫だったのか。私と猫の誰にも言えないヒミツ

虹の橋を渡る日まで

布団に潜り込んだものの、なかなか寝付けない。

明日は早番だから、早く寝ないといけないのだが、眠れない。寝落ちするまでスマホ観ながら音楽でも聴くか、と半身を起こしてサイドテーブルの明かりを点けた。

ゲッ、もう2時過ぎてるじゃん、もう寝不足決定だわ。ウンザリしていると、部屋の隅で寝ていたはずの猫のサン太が、のっそりと私の隣りにやって来た。

「さんちゃーん、どうしよう眠れないよー助けてー」

「私の代わりにさんちゃんが仕事に行ってよぉ」

サン太の後頭部をなでながら、今日の出来事を愚痴る。

「昼間のアレは何よって感じ。最初は主任がああしろって言うからしたのに、課長が来たらコロッと変えちゃって、主任の言うことを聞いたアタシが悪いみたいじゃん」

サン太は私の愚痴に付き合ってくれているみたい。

「主任も課長も言ってることがバラバラなんだから、ホント腹立つよねー」

ああ、また件のネズミ男とタヌキがやらかしたのかい?

「どちらもそれにハゲを付けたいわ!」

ハハ、言い過ぎじゃね?

「だってどちらも丸投げするばっかりで、責任とるつもりなんてハナから無いんだよ、ひどいよ」

えらい上司がいたもんだね、それもダブルだから始末に負えない

「ああ、もう転職したくなってる、辞めたい~会社やめたい~」

まだ3年も経ってないのに?誰かに相談したらどう?

「同僚とは愚痴ってばかりなんだけどねぇ。先輩もアテにはできないし」

んじゃあ、社会人の先輩として、親とかは

「ああ、ダメダメ。我慢が足りない、って怒られるだけ」

まぁね、事情を知らない親なんて、みんなそんなもんだ

「聞いてよぉ、それでとうとう客からクレームが出ちゃってさ、明日、というか今日、統括部長が直々に視察にやって来るんだよ、困るぅ」

おう、そこで全部ぶちまけちゃえ

「どうせあのハゲども、誰かに責任おっかぶせるつもりなんだから、そうはさせない、ってみんなで話し合ったんだけどね」

誰も猫の首に鈴を付けたくない、てか(笑)

「そうなのよぉ、誰がご注進に行くか、決まらなかったの」

何だ、責任とりたくないのは、キミらも同じじゃん

「確かに、そうなんだよねぇ」

んじゃあ、統括部長に、キミが言えば?

「え?無理無理。だって私なんか一番下っ端だし、言ったところであのハゲどもが責任取ってなんてこと、あるかどうかもわからないし」

ふんふん

「ホントに転職するつもりが無きゃ、そんなこと、さすがにちょっと

大丈夫だと思うよ。キミが気にしているほど、他人はキミのこと気にしていないから

「いや、意味わかんないだけど。にしても口が悪いな、相変わらず。誰に似たんだよ」

そこの鏡見てみな。そいつに似たんだと思うよ

「やだもー」

楽くに笑いながら寝たからか、いつもよりぐっすりと、深く眠れた。カーテンの隙間からこぼれる光で目が覚める。

愚痴ったせいか、頭のモヤモヤが晴れて、すっきりしている。よし、私は今日、統括部長に真相をぶちまけてやるぞ。後でハゲどもに睨まれても、どうでもいいや。変わらなかったら、転職してやるまでよっ!

元気に布団をはねのけたら、サン太が足元で丸くなって寝ていた。

あれ、私、そういえば、寝る前にサン太と会話してなかったっけ?

私の愚痴に、サン太は茶々を入れるように、しゃべっていたよね?うちの猫はしゃべる猫だったのか。そうかそうか、そういうことにしとこうか。やっぱりサン太はすごい猫だった。お礼に、大好きなカリカリご飯、今日は多めにしてあげよう。

/木村圭司、編集/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

密航者の潜伏先は島のえき【田代島ドンベエ通信 】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る