TOP>ニュース > 猫を多頭飼いしたときの、1匹目と2匹目の性格の傾向は?

  • ニュース

猫を多頭飼いしたときの、1匹目と2匹目の性格の傾向は?

先住猫と2匹目の性格の違いとは

猫を飼っていると、2匹、3匹・・・といつの間にか猫が増えていくのが猫家庭あるある。猫家庭は多頭飼いをしているところが多く、我が家も2匹いるが、先住猫と2匹目の猫のパワーバランスと性格の傾向があることに気づく。

そもそも、猫の性格はどう決まる?

猫の性格は、父親の遺伝子の影響が強いといわれているが、生後2~9週期は「社会化期」と呼ばれ、この期間にコミュニケーション能力を学び、性格に大きく影響があるといわれている。

よって、この時期に多くの人や動物と良い思い出ができれば、社交的な性格になりやすい傾向で、品種や毛色によって特定の性格が強く表れることもあるといわれている。

猫にとって「先住パワー」は絶大

ただし、生活環境によっても性格は変わる。

犬の場合、家に同族を迎えると「一緒に楽しもう」という「友達感覚」で先住犬は新しい犬を迎えているように思えるが(個人差はある)、猫の場合は先住猫のパワーは教祖様並に強い。

たとえ、先に住んでいる動物が同族でなくとも、その傾向は強い。以前、筆者はウサギを飼っていたが、その後、猫をもらって一緒に育てていた。

自然界では、体が小さく草食のウサギは、ときには猫にとって「獲物」になりうる存在だが、先に住んでいた「先住パワー」は絶大で、ウサギが猫よりも強く、そのパワーバランスは猫が大きくなっても変わらなかった。

2匹目の猫の性格は先住猫に影響される?

先ほども述べたように、猫にとって「先住パワー」は絶大。

もちろん、猫の性格もいろいろあるが、2匹目は先住猫に遠慮する傾向がある。また、2匹目がまだ小さい時に貰ってきた場合、先住猫の性格に影響を受けやすい。

我が家の猫も2匹目の権平君はシェルターではやんちゃで怖いモノ知らずの感じだったが、先住猫の太郎君の怖がりの性格に影響され、今ではりっぱに2匹ともビビり猫になっている。

確かに幼い頃の「社会化期」に性格はある程度決まるかもしれないが、生活環境に影響されることも大いにある。

先住猫と2匹目の性格の傾向は?

先住猫は1匹のとき飼い主との時間を独り占めしてきたこともあり、飼い主に依存傾向が強く、わがままになりがち。2匹目が来た時、飼い主と2匹目が仲良くしている姿が気に食わず、我が家の太郎君は筆者が権平君と遊んでいると、5年たった今でも嫉妬で権平君に攻撃する。

そんな嫉妬深い先住猫の太郎君を、反撃することなく、なだめるようにおっとりしている2匹目の猫、権平君。

2匹目の猫は、家に来た時から先輩猫がいるため、飼い主に依存はなく、一人遊びができる性格。先住猫の太郎君のようにしゃしゃり出ず、マイペース。飼い主にベタベタして寝る太郎君と異なり、自分が快適な場所を探し寝る。

先住猫がいなくなると2匹目が甘えん坊になることも!

ただし、先住猫がいなくなると2匹目は甘えん坊になることがある。

昔、2匹猫を飼っていた時、2匹目は控えめでおとなしかったが、先住猫が亡くなった途端甘えん坊でわがままになった。きっと、先住猫にかなり遠慮していたのだろう。10年以上一緒に暮らしていたが、こんなにも性格が変わるものだと驚いたことがあった。

結論は、どんな猫もかわいい!

先住猫と2匹目の性格はあくまでも自論で、その猫の性格によって異なる。ただし、後から来る猫は少なからず先にいる猫に遠慮しているのは事実。

多頭飼いを検討しているときは、猫にはヒエラルキーがあることを理解して、先住猫が多頭飼い向きか、また、2匹目はどんな猫が向いているか検討してほしい。

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

  • ニュース

どの時間帯に掃除機をかければ、愛猫のストレスにならないのか? (11.25)

  • ニュース

【猫クイズ】無毛の猫スフィンクスに「必要なお世話」って? (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る