TOP>ニュース > 猫のなる木を探せ【田代島ドンベエ通信 】

  • ニュース

猫のなる木を探せ【田代島ドンベエ通信 】

一匹動けば、連鎖反応が起こる!

ネコが一匹、ネコが二匹、ネコが三匹数えていると眠くなってくるっちゃ。この島にオラの友だちがどのぐらいおるか知らんけれどいっぱいいるらしいっちゃ。だから人間どもが島の外からわざわざオラたち猫族を見に来て大騒ぎするんだっちゃな。さっ!今日も毛繕いして「お・も・て・な・し」の準備をするっちゃ!(ドンベエ談)「~ちゃ」、「~だっちゃ」は島の方言。

あなたはこんな「猫のなる木」を見たことあるだろうか?あったとしてもせいぜい2~3匹だろう。この島にはこんな不思議な秘密の場所がある。

木の上に香箱座りで気持ちよさそうに寝ている一匹の猫。そっと近づき撮っていると、僕の視界の中に違う猫が音もなくひょっこりと顔を出し、寝ている猫にちょっかいを出しはじめた。すると、茂みの中からガサガサッと数匹の猫たちが顔を出し興味津々でその様子を伺っている。

ちょっかいの度が過ぎたのか寝ていた猫が「ウギャー!」と怒ったのが合図となりまるで大運動会のように、周囲の猫たちが一斉に木の上や茂みの中を駆け回りはじめた。

その数を数えている暇などない、この大騒ぎを撮ろうとしても各所で起こる小競り合いはどれもこれも面白い。この時ほど身体が3つぐらい欲しいと思ったことはない。

騒ぎが一段落しようとした頃、猫たちは我に返りようやく僕の存在に気づき、急に毛づくろいをはじめる。気持ちのクールダウンは猫の必須だ。

猫が木に登るのは、外敵から身を守るためとか、リラックスの時間を得るためとかいろんな人がもっともらしい理由をつけて解説をしているが、本当はそこに登りたいから登って、そこに居たいからいる、そして走りたいから走る、本能のままに、ただそれだけなんじゃないかなと僕は思う。

確かに、天敵のカラスから逃げたり、猫同士の喧嘩で逃げたりとか一時的に木に身を寄せるケースもなくはないが、一日中猫を眺めていると普段はそこに「興味」があるかないかだけだとそんな気がしてならない。


だって猫なんだもん。

僕がこの島に魅力を感じ、足を運ぶようになったのは、ただ猫が沢山いるからだけではない。そこには猫が猫らしく自由に生活をし、それぞれのエリアで時には鋭く、また時にはのほほんとした素の姿が見られるからだ。

昔、それこそ僕がまだ小学生だった頃、学校の帰り道でよく会った猫がいた。その日の嬉しかったことや、悲しかったこと、悔しかったことなど僕が一方的に話すと隣に座りずっと耳を傾けてくれ、話が終わるとスッと立ち上がり壁の向こうに消えていく。そんな時間が僕にとって大切な時間であり、親にも友だちにも見せられない自分をさらけ出せる特別な友だちだったのかもしれない。

あれから45年、世の中の猫に対する考え方も良くも悪くも大きく変わり、今では「野良」と呼ばれる種を見ることがぐっと減った。

そんな懐かしさがここにはある。今でもこの島に来ると話を聞いてくれそうな猫を探し「なぁお前はどう思う?」などと話しかける。人間って言葉に出すことで気持ちが楽になるから不思議だ。そして、それを察して話を聞いてくれるその存在はとてもありがたい。

大げさかもしれないが、猫に限らず動物って心を通わせることってできるんじゃないかな。動物と人間がお互いに踏み込みすぎず共存し、すべての生き物が反映できる環境が整っていくことを切に願います。

文・写真)ケモノの写真作家。小山 智一
https://ne-cozou.com/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

  • ニュース

どの時間帯に掃除機をかければ、愛猫のストレスにならないのか? (11.25)

  • ニュース

【猫クイズ】無毛の猫スフィンクスに「必要なお世話」って? (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る