TOP>ニュース > 猫は痛みを隠すのが天才的に上手い?飼い主として些細な変化に気付こう!

  • ニュース

猫は痛みを隠すのが天才的に上手い?飼い主として些細な変化に気付こう!

猫は隠し事が上手い…手遅れになる前に変化に気づこう

猫は痛みを隠すのがうまく、動物界でもその痛みを隠す能力は随一と言われています。よって、猫の体調不良のシグナルは些細で、わかりやすくシグナルが出たときはすでに手遅れになることもあります。

些細な体調不良のサインを見逃さないように!

猫の些細な体調変化を見流さないことが重要です。下記、よくあるシグナルの症状になります。

リターボックス以外での排便

リターボックス以外での排便理由は、「トイレがきれいでない」「場所が気に食わない」などさまざまな理由がありますが、そのひとつに「体調不良による」場合もあります。

この場合に考えられる病気は・・・

■便秘

■肛門嚢炎

リターボックス以外で尿

リターボックスが汚いことで外で尿をすることもあるため、まずはリターボックスがきれいに保たれているか、砂は十分あるか、リターボックスをもうひとつ増やすなどリターボックスの改善を試みましょう。また、かまってもらいたくてベットで尿をする猫もいますが、病気が原因でリターボックス以外で尿をする場合もあります。

この場合に考えられる病気は・・・

■尿路結石症

■関節炎(グルーミング不足になったり、足を引きづったりすることもある)

■肥満

オーバーグルーミング

グルーミングは痛みを和らげるために行うこともあり、過度なグルーミングは痛みのサインの可能性があります。

この場合に考えられる病気は・・・

■ストレス

■皮膚病

■痛い部分の病気(肛門近くを過度に舐めている場合は尿や排便をチェックしてください)

攻撃的になる

痒みや痛みによって神経が過敏になり、飼い主や同居猫に攻撃することがあります。この場合考えられる病気はさまざまありますが、肥満により思うようにグルーミングができなかったり、ノミ・ダニの痒みによるものの可能性があります。

過度な発声

過度な発声は、甲状腺機能亢進症の兆候のひとつです。甲状腺機能亢進症はシニア猫にかかりやすい病気です。一見、行動が非常に活発になり病気のようにみえませんが、病気が進行すると体力低下や食欲不振になります。また、高血圧の場合もこのような兆候があります。

そのほかの考えられる病気は・・・

■認識機能障害

■難聴

一見わかりにくい猫からの体調不調のサインですが、猫はルーティーンで活動する生き物なので、普段から猫を観察していると些細な変化にも気づきやすいかもしれません。

日ごろから、トイレを清掃するときは尿や便のチェック、食事のときの食事量チェックをしておけば、早めに猫からのSOSを感じとりやすいでしょう。

参考:Behavior Problem or Medical Issue? [Moderncat]

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

  • ニュース

どの時間帯に掃除機をかければ、愛猫のストレスにならないのか? (11.25)

  • ニュース

【猫クイズ】無毛の猫スフィンクスに「必要なお世話」って? (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る