TOP>ニュース > 7歳はシニア猫の入り口!その時に飼い主ができる健康ケアとは?

  • ニュース

7歳はシニア猫の入り口!その時に飼い主ができる健康ケアとは?

長寿な猫が増えた時代。私たちにできることは?

猫にとって、「7歳」はシニアの入り口となる歳。これから先、1日でも長く健康でいてほしいからこそ、そんな大切な時期に私たち飼い主は何がしてあげられるでしょうか。

今回は、シニア期に差し掛かった時に心がけたいポイントをいくつか紹介。健康を守るためにも、参考にしてみてください。

シニア期に差し掛かった愛猫にしてあげられること3選

①フードの見直しを

老いを感じ始めると、噛む力が弱くなったり、口腔内に歯肉炎などの病気が発生したりして硬いフードが食べづらくなることがあります。

もしも、愛猫が首をかしげながらフードを食べている時はその可能性が高いので動物病院で診てもらった上で、フードの見直しをしていきましょう。シニア用のフードは一般的なフードよりも薄く、小粒であるため、噛む力が弱くなった愛猫でも食べやすいと感じてくれます。

また、下部尿路系の疾患のようにシニア期から進行しやすい病気もあるので、食べやすさだけでなく、健康を気遣えるようなフードを検討していくのもおすすめ。その際は、必ず獣医師に相談しましょう。

特に療法食は自己判断で与えると、逆に健康を害してしまう恐れがあるため、注意が必要。よかれと思った対策が愛猫の健康を害する「毒」に変わってしまわないよう、信頼できる獣医師と二人三脚で愛猫をサポートしていきましょう。

②水置き場の位置も見直そう

猫は10歳を超えると「高齢期」だと言われますが、老いるスピードは、猫によって様々。早い段階から動くことを億劫に感じたり、足腰が弱くなってしまったりする可能性も考えられます。

そうした状態になると、水を飲みにいく回数が減り、水分不足になってしまうことも。水は生物が生きていく上で欠かせない栄養素であるからこそ、少しでも飲みやすくなるように飼い主さんが工夫してあげる必要があります。

例えば、水置き場を愛猫がいつも眠っている寝床の近くに変更し、寝起きにあまり動かなくても飲めるようにしてあげるのはおすすめの対策法。部屋が広い場合は、水を数カ所に置くのも効果的です。

特に冬は寒さを感じることから飲水量が減りやすいので、より意識していきましょう。

③トイレ周りには足腰を守る一工夫を

うちの子は、まだまだ元気だから大丈夫。シニア期の入り口に差し掛かった愛猫を見て、そんな思いを抱く方もいるかもしれませんが、この時期から考えておきたいのがトイレ周りの一工夫。

足腰が弱くなるとトイレの段差を超えることができず、粗相に繋がってしまうことがあるので、いつ筋力が弱くなってもいいように設置しやすいor使いやすいステップをこの時期から探し、用意しておくことが大切です。

老いてもトイレへ自力で行くことは私たち人間にとって、自分の尊厳を守るために重要なことですが、それは猫でも同じ。足元がおぼつかなくなっても、最期の最後まで自力でトイレへ行きたいと思う子はとても多いのです。

愛猫のそんな想いをいつか来る「その時」に汲んであげられるよう、今からトイレへ行くのが楽になる工夫を考えていきましょう。

日常の中でできる一工夫は、愛猫の寿命を延ばすことや健康を守ることに繋がっていきます。ぜひこれを機に、これまでに一緒に生きてきた愛猫にしてあげられること見つけをしてみてください。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

床にお尻をつけて、ズリズリ…猫が”お尻歩き”する理由っ... (10.20)

  • ニュース

野生モードに親猫モード?猫は「4つのモード」を切り替えていた! (10.19)

  • ニュース

猫は痛みを隠すのが天才的に上手い?飼い主として些細な変化に気付こう! (10.19)

  • ニュース

「猫背」にもほどがある…!? ちょっと変わった猫のお座りポーズがこちら (10.19)

変な座り方のサクくんとヨルくん13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る