TOP>ニュース > 体調を崩しやすい季節の変わり目。愛猫の体調管理を大切に!

  • ニュース

体調を崩しやすい季節の変わり目。愛猫の体調管理を大切に!

季節の変わり目は、ペットも体調を崩しやすい

急に冷え込んだり、かと思うと真夏のように太陽がカーッと照り付けたり…。今年の秋はなんだか特に、そんな変化が激しいような気がするのは私だけでしょうか…。

こういう季節は人間でも気を付けないと体調を崩しますが、猫も同じこと。前に通っていた動物病院でも、気温が激変すると、ペットを抱いて駆け込んでくる飼い主さんが急増する、というお話を聞いたことがあります。季節の変わり目の体調の変化って、防げるのでしょうか?調べてみました。

対策1:1日の温度の日較差を5℃以内にする

「日較差」というのは、1日の最高気温と最低気温の差のことです。季節の変わり目はこの「日較差」が大きくなる時で、差が大きいほどストレスがかかり、免疫力が低下するのだとか…。なるほど、免疫が低下するから、その動物の弱いところが出てきて、それぞれに違う症状が出るんですね。

この日較差のストレスを減らすには、1日の温度の日較差を5℃以内にすること。一般には10℃以上あるとストレスになるといわれていますが、その猫の年齢や体調にもよるので、7℃や8℃でも体調を崩す場合があるそうです。なので、5℃以内になるよう、心がけておくのがいいんですね。外出する場合も、出かける時はちょうどいい気温でも、帰りが遅くなると冷え込むことがあるので、ご用心を。

対策2:暑い日と寒い日の適温を知る

猫は寒さより暑さが苦手なので、急に暑くなったらエアコンで室温を調整してあげましょう。設定温度は28℃を目安に、人が涼しいと感じるよりプラス2℃程度のほどほどの涼しさが猫にちょうどいいようです。

急に寒くなって暖房を使う場合、室内の温度は20℃~25℃に設定しましょう。室内が乾燥する場合は加湿器を使い、50%から60%くらいに保つといいでしょう。

注意したいのは、ホットカーペット。猫は大好きなのですが、44℃の設定で3時間、46℃の設定で1時間接触するだけで、接触部位に低温火傷をします(皮膚病と思って受診したら、低温火傷だったということがよくあるそうです)。眠ってしまうことの多い高齢猫は特にご注意を。

対策3:良質なたんぱく質を摂る

基本的な免疫力を維持するのに大事なのは、たんぱく質。ということは、いつもより総合栄養食を多めにあげたほうがいいのかな?と思いましたが、最近の研究では、たんぱく質は量よりも質的な問題が重要視されているそうです。なるほど、ふだんから良質なたんぱく質をあげていることが大事なんですね。

キャットフードにはいろいろな考え方があり、いろいろなフードを順番に食べると偏りがなくなるという考え方もあります。コスト的な問題もありますが、温暖の差が激しい季節だけは、良質な原料を使っているプレミアムフードをあげて免疫を高めるようにするのも、ひとつの方法かもしれません。

文・桑原恵美子

参考資料:「またまた猫医者に訊け」(鈴木真著・くるねこ大和画・KADOKAWA)「猫のための家庭の医学」(動物・野澤クリニック 野澤延行著/山と渓谷社)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

床にお尻をつけて、ズリズリ…猫が”お尻歩き”する理由っ... (10.20)

  • ニュース

野生モードに親猫モード?猫は「4つのモード」を切り替えていた! (10.19)

  • ニュース

猫は痛みを隠すのが天才的に上手い?飼い主として些細な変化に気付こう! (10.19)

  • ニュース

「猫背」にもほどがある…!? ちょっと変わった猫のお座りポーズがこちら (10.19)

変な座り方のサクくんとヨルくん13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る