TOP>ニュース > 猫にも「食欲の秋」がある?季節の変わり目に注意したいことまとめ

  • ニュース

猫にも「食欲の秋」がある?季節の変わり目に注意したいことまとめ

猫にも「食欲の秋」がある?季節の変わり目に注意したいことまとめ

かぼちゃや秋の味覚のイメージ

暑い夏が終わり、徐々に肌寒くなってくると「食欲の秋」がはじまります!

秋はついつい食べ過ぎてしまうという人は多いかもしれませんが、愛猫の様子を見ていると、人間と同じように秋になると食欲が増しているような気がしませんか…?

というわけで今回ご紹介するのは、猫と秋にまつわる食欲や体調変化についてです。

秋になると猫の食欲が増す?

秋の枯葉の上で眠る猫

猫には「食欲周期」というメカニズムが備わっていて、1年の中で3~4か月ごとに食欲が変化していくといわれます。

季節でいうと、春は普通、夏は小食、秋も普通ですが、冬にかけて徐々に大食いになっていくのが一般的なのだとか。

猫の食欲周期は、日照時間や外気温、運動量や必要なエネルギー量などが関連するのではといわれていますが、はっきりとした原因はまだ判明されていません。

「夏はあまり食べなかったのに、秋になったら随分ご飯にがっついているな…」というのは、実は割と普通なことだったんですね。

特に夏は夏バテのせいで食欲が減退していることも多いので、秋になって通常モードに戻っただけでも「最近食欲旺盛だな」と感じることもあるかもしれません。

そもそも、なぜ「食欲の秋」といわれるの?

そもそもなぜ「食欲の秋」といわれるかというと、日本では身近な米や野菜、果物など多くの食物が旬を迎えて美味しくなる季節ということからきているといわれます。

「秋になるとなぜか食欲が増す」という現象については、人間の場合にはいくつかの説が唱えられています。

  • 夏バテで栄養不足の身体をもとに戻そうとするため
  • 気温が下がり、基礎代謝量が増えたことで身体がエネルギーを多く補充しようとするため
  • 秋は日照時間が短く、満腹感を与えてくれるセロトニンの分泌が減るため

 

ようするに、秋に人間の食欲が増すのも自然の成り行きということですね!

食欲の秋に猫を太らせないためには?

夏に落ちていた食欲が回復するのは良いことですが、肥満には注意しなければいけません。食欲の秋に愛猫を太らせないようにするためには、以下のようなことに気をつけてみてください。

「欲しがるからあげる」はNG

秋の猫におやつをあげている様子

食欲が旺盛な時期は、普段と同じ量のフードでは足らずに「もっとちょうだい」と要求する猫もいるかもしれません。

しかし、猫が欲しがるからといって食べるだけフードを与えていては肥満の原因になってしまいます。おやつならなおさら高カロリーなので、欲しいといわれるたびにあげるのは健康にも良くありません。

総合栄養食のフードについてはパッケージに体重ごとの接種目安量が記載してあると思うので、そちらを見て愛猫に適した量を与えるのが良いでしょう。

ごはんへの要求が激しいネコチャンの場合、1日に必要な量をできるだけ小分けにしてあげるのも手です。猫はもともと少量ずつ分けて食べる習性があるので、同じ量でも回数を増やしてあげた方が満足度に繋がるはずです。

制限しすぎる必要はありませんが、猫も人間と同じで「肥満は万病のもと」なので、愛猫の健康のためだと思っておねだりに屈しない心を持ってくださいね!

ダイエットフードに変えてみる

毎年秋~冬にかけて食欲が増して太り気味になるという猫であれば、その時期だけダイエットフードに変えてみるという方法もあります。

肥満猫用、減量用、メタボリックエネルギーコントロールなどのダイエットフードは、高たんぱく低カロリーなど太りにくいような栄養バランスに調整されているのでおすすめです。

メーカーによっては、「満腹感サポート」など、少量でも満腹感を得られるように開発されているフードもあります。

いつも食べているフードと同じメーカーのものであれば比較的受け入れてもらいやすいと思うので、まずは少量パックから試してみてはいかがでしょうか。

運動させる

布団に入っている白黒猫

食べる量が増えたのに寝てばかりという生活では、当然猫も太ります。

幸い、気温が涼しくなってくると動きも活発になるネコチャンが多いので、肥満防止もかねて思う存分運動させてあげましょう。おもちゃで遊ぶのが好きな子であれば、おやつのおねだりのときに気を紛らわすのにも使えます。

ちなみに、横に走り回るよりジャンプなどの上下運動の方がカロリーを消費するので、おもちゃを巧みに使ってジャンプさせたり、キャットタワーなどの段差を使って運動させた方が効率的ですよ!

秋や季節の変わり目に起こりがちな猫の体調変化

食欲が旺盛になる以外にも、気候が大きく変わる夏から秋にかけて体調変化が起こる猫は多いです。

秋や季節の変わり目に猫に起こりがちな体調変化についてまとめたので、参考にしてみてください。

①毛が抜ける

ダルそうにしている長毛猫

寒さが本格的になり出す11月頃、猫は換毛期になります。風通しの良い夏毛が抜け落ち、冬の寒さをしのぐ保温性の高い冬毛が生えてくる季節です。

室内で1年中快適な温度の中で暮らしている猫でも、秋はいつもより毛が多く抜けると感じることがあるでしょう。

基本的に猫はグルーミングによって自分で処理をしますが、抜け毛の量が多いと上手く排泄することができず、胃や腸に留まってしまう「毛球症」を発症してしまう恐れがあります。

嘔吐・食欲不振・便秘・腹痛などの症状の他、ひどくなると腸閉塞を引き起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

いつもより毛が多く抜ける秋の時期は、ブラッシングをマメにするなどの対策をしましょう。

②食欲がない、なんとなく元気がない、いつもよりよく寝る

通常であれば夏より食欲が増す秋に食欲がない、なんとなく元気がないなどの場合は「秋バテ」気味の可能性があります。

秋バテは、夏バテが回復しきれていない、季節の変わり目の激しい温度差に体がついていかないなどが原因といわれ、食欲不振や体のダルさなどの軽い症状が続くことが多いです。

特に老猫や仔猫には負担となってしまいやすいため、秋の昼夜の激しい温度差に備え、エアコンやヒーター、ホットカーペットなどの家電を使って体感温度の調整をしてあげましょう。

食事だけでなく水分もあまり摂らなくなってしまう猫もいるため、しっかりと水分補給をさせるのも大切です。

③花粉症(花粉アレルギー)を起こす

秋の風景に溶け込む白黒猫

花粉によるアレルギーのために、猫にも花粉症のような症状が起きてしまうことがあります。

人間同様に春先のスギ・ヒノキ花粉の他、秋の草花であるブタクサなどのアレルギーを発症してしまう猫もいるので注意しましょう。

症状は、皮膚や目のかゆみの他、鼻水や、くしゃみや咳のような症状が現れることもあります。やたらと体を掻いたり、舐めることが極端に増えたなどの場合は花粉症を疑って、一度病院に連れていってあげると良いですね。

対策としては人の花粉症対策と同じで、マメな掃除&水拭き、空気清浄機をつける、家の中に花粉を持ち込まないように玄関で服をはらう&着替えるなどがあります。

④下痢や風邪などの体調不良

猫も人間と同じで、寒くなると腸内の働きが低下して下痢になってしまうことがあります。秋は昼は暖かくても、朝晩はびっくりするほど寒いことがあるので気をつけてあげましょう。

また、空気の乾燥によって鼻や喉の粘膜が乾き、いわゆる「猫風邪」にかかってしまう猫が増えるのも秋から冬にかけてです。

鼻水、くしゃみ、発熱、目ヤニなど、まさに人間の風邪と同じような症状が現れます。猫風邪といわれる「猫ウイルス性鼻気管炎」と「カリシウイルス感染症」の予防にはワクチン接種が有効です。

外猫の出産ピークが来るのも秋

3匹の仔猫を持つ男性の手

食欲が増す以外にも、秋は「仔猫ラッシュの時期」なんて言われ方をすることもあります。

保護活動などをされている方であればお分かりかと思いますが、外猫の出産ラッシュは春と秋。暑い夏が終わるころになると、また仔猫の保護が増えるのです。

これは、雄猫の発情期のピークが2~4月と6~8月頃であるためです。猫の妊娠期間は約2か月間なので、発情期に妊娠した猫たちが一斉に出産時期を迎えると、仔猫ラッシュになるというわけなんですね。

それに伴って、一般的に秋は仔猫の里親募集が増える季節でもあります。もし仔猫のお迎えを検討されているのであれば、この季節は良いご縁がある可能性も高いので、ぜひ里親サイトなどをチェックしてみてください。

寒暖差が激しい秋は猫の体調管理に気をつけよう

ハロウィンのカボチャと猫

秋に食欲が増す理由や、猫に起こる体調変化、太らせないために気をつけたいことなどをまとめてご紹介しました。

日ごとの気候の変化が激しく、朝晩の寒暖差も厳しい秋。季節の変わり目は風邪をひきやすいとはよくいったものですが、人間と同じく猫にとっても体調管理に気をつけたい季節でもあるのです。

普段からよく愛猫の様子を観察しておいて、ささいな変化にも気づいてあげられると良いですね。

文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

床にお尻をつけて、ズリズリ…猫が”お尻歩き”する理由っ... (10.20)

  • ニュース

野生モードに親猫モード?猫は「4つのモード」を切り替えていた! (10.19)

  • ニュース

猫は痛みを隠すのが天才的に上手い?飼い主として些細な変化に気付こう! (10.19)

  • ニュース

「猫背」にもほどがある…!? ちょっと変わった猫のお座りポーズがこちら (10.19)

変な座り方のサクくんとヨルくん13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る