TOP>ニュース > ブラッシング嫌いの猫でもストレスを感じにくいブラシとは?【猫クイズ】

  • ニュース

ブラッシング嫌いの猫でもストレスを感じにくいブラシとは?【猫クイズ】

飼い主と愛猫、どちらもストレス少なく換毛期を迎えるために

換毛期と言われる秋は、抜け毛が気になることも。しかし、愛猫がブラッシング嫌いだと飼い主さんは、どんな抜け毛対策ならストレスを与えにくいのか悩んでしまいます。

そこで今回はクイズを通して、猫にストレスを与えにくいブラシの選び方を紹介。警戒心を抱かせないブラッシング法も解説します。

Q.ブラッシングが苦手な子におすすめなブラシとは?

①毛(ピン)が短いブラシ

②毛(ピン)が密集していないブラシ

③シリコン以外のブラシ

正解は、この下に・・・!

正解は②の「毛が密集していないブラシ」です。

猫の被毛は、皮膚に近い「アンダーコート(下毛)」と表面に近い「オーバーコート(上毛)」から成り立っています。

猫種としての特徴により、アンダーコートとオーバーコートのどちらか一方しか持たない猫もいますが、多くの猫はこうしたダブルコート。そして、抜け毛の原因となるのはアンダーコートであるため、抜け毛対策をする時は表面だけでなく、下のほうまでしっかりと毛をとかすことが大切です。

ところが、アンダーコートは皮膚に近いため、きちんととかそうとすると、つい力が入りすぎて猫が傷みを感じてしまうことも。すると、猫はブラッシングを苦手に思ったり、ストレスを感じてしまったりします。

こうしたことを防ぐには、痛みを感じさせにくいブラシをチョイス。おすすめは、毛(ピン)が短いブラシ。そして、毛(ピン)が密集しているものよりも、ある程度すきまがあるブラシを使うと、痛みを感じさせにくくなります。

また、手に装着できるシリコンタイプのブラシなら、撫でられているような感覚を味わえるため、嫌がられにくくなります。こうした素材は、下までしっかりとかしても皮膚を傷つけにくいので安心です。

なお、ブラシを見せると逃げてしまう場合は、普段からブラシを出しっぱなしにして、恐怖心を取り除くことが大事。ブラッシングをする時はまず首や顔周りから行い、ブラシにいいイメージを持ってもらいましょう。

また、背中をブラッシングする時は背骨を避けるのがポイント。ここをとぐと、痛みを感じて嫌がられることが多いので、背骨は避けながら抜け毛をケアしていきましょう。

大好きな飼い主さんに、たくさんかわいがってもらえる時間。抜け毛をケアするには、愛猫がそう思えるブラッシングタイムを作っていくことが大切。これを機に、ストレスを感じにくいブラシやブラッシング法を見つけてみてくださいね。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

甘えん坊な子が多い「アビシニアン」にはどんな特徴がある? (10.17)

  • ニュース

猫の食欲がなくなった時は、どんな病気の可能性がある? (10.17)

  • ニュース

私に最初に死を教えてくれたのは猫だった。 (10.16)

  • ニュース

猫をおとなしくさせるには、首の後ろをつかむのが効果的? (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る