TOP>ニュース > 【田代島ドンベエ通信 】もしや?貴方様は…

  • ニュース

【田代島ドンベエ通信 】もしや?貴方様は…

親方にそっくりのシングルマザー「こやかた」

オラの尊敬するあの親方様が仁斗田港にいるって本当か?ケンゾー?あのお方は「島のえき」で観光客相手にブイブイ言っているはずだっちゃ!えっ?でも何か違うって?よし確認しにニッタ(仁斗田)まで行くっちゃ!(ドンベエ談)
「~ちゃ」、「~だっちゃ」は島の方言。

仁斗田の港を歩いていると、どこかで見たことのある顔がひょっこり。あれ?あれあれ?しかし頭に浮かんだ「猫」とその「猫」は何かが違う。

このヘルメットをかぶったような風貌は、島のえきで暮らしているまさしく「親方」。顔は同じだけれど、何かが違うあっ!サイズだ。

ちょうどそこに牡蠣剥きの仕事を終えたゆう子さんが通りかかったので「親方?いや親方っぽいの見かけたけれど」と話すと「あーそれ『こやかた』!一昨年の牡蠣剥きシーズンがはじまった頃に顔を出すようになったんじゃないかな~」と教えてくれた。

田代島の海産物のひとつ牡蠣は10月を過ぎると水揚げ、出荷が始まり、ほぼ年内いっぱいぐらいで終了する。出荷する際、殻を剥く作業は専用のナイフを使い、ひとつひとつ丁寧に行わなければならない根気のいる仕事。そして冷え込み始めるこの時期の水作業はとても体に堪える。剥かれた牡蠣は漁協や仲買人などのウィルス検査を経てその殆どが生食用として世に出回る。しかし「田代島産」というブランドではなく、石巻産、宮城県産として田代島の近海一括で流通している。

「こやかた」は「親方(親方に会いたいを参照)」そっくりの「小さい親方」と言う意味で名付けられたそうだ。僕はそんな「こやかた」を、確認もせず親方に似ているというだけで勝手に雄猫と思い込んでいた。が実は女の子だということをつい最近知った。以前SNSに「こやかた」の写真を出し「彼は~」という表現をしていたら「彼はではなく『彼女は』ですよ~」と田代島の猫マニアの方が教えてくれた。しかもその方の話によれば「こやかた」は一児の母でもあるという。

確かに小ぶりで、女の子と言われればそんな体型をしている。しかも、いつまでたっても親方みたく大きくならないと不思議に思っていた。たぶん親方の存在がなければ、はじめから女の子の認識でいただろうけれど、確認はしておくべきですね(笑)。

そんな「こやかた」、親方とエリアも違えば当然ながら全くの血縁でもない(ご先祖様は同じかもしれないが)。人間界では「世の中には自分に似た人が3人はいる」と言うけれど、猫界ではどうなのだろう。「親方似」の3匹目でも探してみますかっ!


猫神社に出張中の親方

文・写真)ケモノの写真作家。小山 智一
https://ne-cozou.com/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛猫と長く暮らすために!猫の「認知機能不全症候群」について考える (9.16)

  • ニュース

飼い猫が猫エイズでも大丈夫?感染を防ぎ大切に育てるための秘訣 (9.15)

  • ニュース

語り継がれる化け猫伝説。怪異・戸塚の猫踊り! (9.15)

  • ニュース

猫飼い主なら知っておきたい!認知症の猫に見られやすい症状とは?【猫クイズ】 (9.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る