TOP>ニュース > 虹の橋を渡る日まで「3つ名の猫」としてかわいがられる

  • ニュース

虹の橋を渡る日まで「3つ名の猫」としてかわいがられる

虹の橋を渡る日まで

ここ一年程、コロナで実家に帰っていない。そのせいか、母親から頻繁にメールが来るようになった。高齢の両親の生存確認的なものだと思って、適当に返信している。

「ひろ君、元気で仕事してますか?毎日暑いね。昨日の夜からうちのミケちゃんが帰ってこないので心配してます」

最初にこの「おかんメール」が来たときは驚いた。母はもともと猫が嫌いだったはず。いつから飼っているのか、返信で聞いてみた。

「ミケちゃんは去年、家に来ました。早朝、まだお父さんも寝ている時に家を出て行って、夜遅くに寝るためだけに帰ってくる子です。時々納屋のネズミを捕ってくれる賢い子です」ときた。今時、猫を外に出して飼うなんて、ダメなんじゃないの?

「ミケちゃんが4日も帰ってきません。畑でお隣の川口さんに会った時、うちのネコちゃんが居なくなって心配だと言ったら、なんと!川口さんところのネコちゃんもいなくなったんですって!コロナで猫泥棒が増えているのかもしれません」と、コロナをもちだしてきた。うちのおかんは、昔からいろいろすっ飛んでるからなあ。メールはヒートアップしてきた。

「ひろ君!聞いてちょうだい!川口さんとこだけじゃなく、武田さんちのネコちゃんもいなくなったんですって!明日朝、町会長の石田さんとこに行って、駐在さんに相談してくる」と、だんだん大事になっているようだ。田舎のネコを誘拐する人なんて、いるのかな?次の日の昼、待っていたおかんメールが来た。

「ひろ君!びっくりまんてんぎょうざてん!うちのミケちゃんは川口さんちのタマで、武田さんちのミーちゃんだったのです!じゃあまたね」と、わけがわからない。びっくりまんてんぎょうざてん、って、何だ?まんてんってカレー屋なら神保町にあるけど。

「もしもし、おかん?何だよ、このメール、よくわかんねえ」

「あ、ひろ君、びっくりよね。うちの子だと思っていたのだけれど、川口さんちでも、武田さんちでもミケちゃん飼ってたんだって。うちは夜で、川口さんちは午前中、武田さんちは午後に行って、全部の所でご飯食べてたんですってよ」

「じゃあ、一頭の猫を三軒で飼ってたんだ。一年もよく気づかなかったね」

「そんなことよりミケちゃん、交通事故に遭って、動物病院に入院していたらしいのよ、親切な人が病院に運んでくれたの。でね、来週退院するんだけど、その入院費でもめちゃって。うちの子だから、うちが出すって、川口さんも武田さんもうちのお父さんもきかないのよ。石田さんが間に入って、『3分の1ずつ出しましょうよ』って言ったら、みんな怒っちゃって、『うちの子だからうちが出す』ってきかないの。ひろ君からお父さんに言ってやってよっ」

「お、おう(何を?)」

コロナでいろいろ大変な時期なのに、田舎ではこんな平和なもめごとが起きているんだなあ。いいなあ、田舎、帰りたくなったなあ。早くコロナが終結してくれないかな。

ミケ・タマ・ミーと3つの名をもつ三毛猫は、田舎で悠々と過ごしているらしい。退院してもこのライフスタイルは続いて、虹の橋を渡る日まで3つ名の猫としてかわいがられるのだろう。交通事故には、くれぐれも気を付けて欲しいものだ。

(構成/木村圭司、文/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫は流れる水が好き?話題の「非電化給水器」をレビューしてみる (9.28)

  • ニュース

犬や猫にも「食欲の秋」があるって本当?【兵藤哲夫の徒然日記】 (9.27)

  • ニュース

猫が便秘になる原因はさまざま。予防する方法とは? (9.27)

  • ニュース

「猫を飼ってはならない」という掟が破られた家の話 (9.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る