TOP>ニュース > 猫の被毛にはどんな役割があるの?【猫クイズ】

  • ニュース

猫の被毛にはどんな役割があるの?【猫クイズ】

はじめて聞くかも?猫に隠された能力を知る

ふわふわとした猫の被毛は手触りがよく、触れているだけで幸せな気持ちになれるもの。そんな猫の被毛には、実は様々な役割があります。今回はクイズを通し、猫の被毛に隠された秘密を詳しく知っていきましょう。

Q.猫の被毛に関する特徴として当てはまるのは、次のうちどれ?

①衝撃を吸収し、皮膚を守るクッション材のような役目を果たしている

②細菌感染や紫外線によるダメージから皮膚を守ることはできない

③被毛の成長速度は1週間に5mmほど

正解は、この下に・・・!

正解は①の「衝撃を吸収し、皮膚を守るクッション材のような役目を果たしている」です。

猫の被毛が果たす役割は、次の3つ。

①衝撃を吸収し、皮膚を守る

②細菌感染や紫外線によるダメージから皮膚を守る

③気温に応じて生え変わり、体温調節を行っている

被毛は人間でいう、「衣服」のような役目をしているのです。

猫の体は、生まれた時からすでに短くて細い「ぜい毛(うぶ毛)」で覆われていますが、生後数ヶ月で私たちが知っている猫らしい毛に生え変わります。そして、その後は成長に伴い、換毛を繰り返していくのです。

多くの猫は、ダブルコート。「オーバーコート(上毛)」と「アンダーコート(下毛)」という被毛を持っています。オーバーコートは長く、太く、硬い毛。アンダーコートは皮膚に密着して生えており、冬には他の季節と比べ、本数が23倍多くなると言われています。

ただし、猫の中にはアンダーコートかオーバーコートのどちらか一方しか持っていない「シングルコート」の猫種やスフィンクスのような無毛の子もおり、私たちが思っている以上に、被毛は個性豊か。

個体差はありますが、被毛の成長速度は1週間に2mmほど。カットされると、毛髄質に刺激が伝わり、本来の長さまで伸びようとするのだとか。

なお、夏になると愛猫にサマーカットを行いたくなる飼い主さんもいるかもしれませんがグルーミングができないことにストレスをためてしまう恐れがあるため、大胆なサマーカットは避けたほうがよいでしょう。

つい触りたくなってしまう被毛には、猫の体を守る仕組みがたくさん。そんな被毛ごと愛猫のことを大切にしていける飼い主になっていきましょう。

/古川諭香

参考書籍:『ネコの博物図鑑』(サラ・ブラウン:著/角敦子:訳/原書房)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬や猫にも「食欲の秋」があるって本当?【兵藤哲夫の徒然日記】 (9.27)

  • ニュース

猫が便秘になる原因はさまざま。予防する方法とは? (9.27)

  • ニュース

「猫を飼ってはならない」という掟が破られた家の話 (9.26)

  • ニュース

猫がいる家で「ロボット掃除機」を使わない方がいい理由 (9.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る