TOP>ニュース > 最古のネコ科動物の名前はなんでしょう?【猫クイズ】

  • ニュース

最古のネコ科動物の名前はなんでしょう?【猫クイズ】

猫博士に近づくための第一歩!

愛猫を見ていると、「猫ってどういう歴史を辿って誕生した動物なんだろう」と、素朴な疑問が芽生えてくることもあるもの。猫という動物を、つい深堀りしたくなってしまうのは猫好きの性です。

そこで今回はクイズを通して、世界最古と言われているネコ科動物の特徴を紹介。ぜひ、楽しみながら猫博士になってみてください。

Q.最古のネコ科動物と言われているのは、次のうちどれ?

①プセウダエルルス

②プロアイルルス

③メタイルルス

正解はこの下に・・・!

プロアイルルスはおよそ2500万年前の漸新世に生息していたとされている、最古のネコ科動物。その名前には、古代ギリシア語で「ネコ以前」という意味があります。

ネコやイヌなどの食肉類の祖先と言えば、現在のテンやジャコウネコに似た見た目をしている、ミアキスが有名。ミアキスとプロアイルルスはどちらも森の中で暮らしていましたが、両者の歯には違いが。プロアイルルスはミアキスよりも肉を切り裂くために、さらに特化した歯を持っていたと考えられているのです。

また、森の地面で爪をしまえると、狩りの効率が上がったことから、プロアイルルスは出し入れ可能な爪を発達させたとも言われています。歩行も、かかとをつける歩き方から、足指で歩く形に移行しつつあったそう。

なお、プロアイルルスの後に出現したのが、プセウダエルルス。プセウダエルルスは、プロアイルルスの長くて柔軟な脊柱を受け継いでいたと言われています。ただし、両者の間には違いがあり、プセウダエルルスはプロアイルルスより臼歯が少なく、完全に足指で歩けるようになっていたのだとか。

こうした進化の過程を知ると現在、目の前にいてくれる愛猫がより愛おしく思えもするはず。猫の歴史を学ぶことは、愛猫の命が生み出された過程を知ることでもあります。ぜひこれを機に猫史を深堀りし、猫愛をさらに高めてみてはいかがでしょうか。

/古川諭香

参考書籍:『ネコの博物図鑑』(サラ・ブラウン:著/角敦子:訳/原書房)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

アレもコレも…猫にとって「有害な食品」は日常に溢れている (9.17)

  • ニュース

愛猫と長く暮らすために!猫の「認知機能不全症候群」について考える (9.16)

  • ニュース

飼い猫が猫エイズでも大丈夫?感染を防ぎ大切に育てるための秘訣 (9.15)

  • ニュース

語り継がれる化け猫伝説。怪異・戸塚の猫踊り! (9.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る