TOP>ニュース > コロナ禍で自分に何かあったとき、ペットのお世話を誰に頼むか決めてる?

  • ニュース

コロナ禍で自分に何かあったとき、ペットのお世話を誰に頼むか決めてる?

コロナ禍はまだまだ続く!ペットの飼い主さんは引き続き油断禁物

もう今年もあと4か月ちょいで終わるというのに、気づけば都市部はずっと緊急事態宣言だのまん防だので自粛、自粛の日々。夏場の外出はことのほかマスクがしんどいが、自分が感染しないため、誰かにさせないためにも、やっぱりマスク着用は我慢して受け入れるしかない。

僕の周囲の友人、知人の中にも既に「気をつけてたのに陽性だった」という人が出ている。ある人は保健所。ある人は病院で療養をしばらく続けて、やっとこさ自宅に戻っている。

で、そんな陽性者の中には犬や猫と暮らす人も当然含まれている。友人が先々月コロナにかかってしまい、しばらく家を離れたが、療養中は常に愛犬のことが気に掛かって仕方がなかったという。その気持ちは痛いほど分かる。幸いこの友人は結婚しており、奥さんがその間は家を守っていたので愛犬のお世話も問題なかったが、もしも一人暮らしでペットと暮らしていて感染となったら、頭が真っ白になるというもの。

今回は、もしも自分がコロナ陽性者になったとき、飼い主さんが愛するペットを、自身の療養の間誰に預けるか。これを今、元気なうちに決めておくことの必要性についての話をしていきたい。

もしも自分が陽性・宿泊療養対象者になったときのペットの対処は?

世界中に蔓延する新型コロナウィルス感染症。手指の消毒、マスク着用の徹底、外食の際も黙食の励行など、どんなに気をつけていても罹患してしまうことがあるのがコロナの恐ろしいところ。

現在、全国的にワクチン接種も継続されているが、ワクチンを2度接種したからと言って完全にこの感染症への防疫が適うわけでもない。以前として油断は禁物である。

ペットと暮らす方で、まだ陽性になったこともないし元気でぴんぴんしているって人も、もしもに備えておく必要がある。いざとなったらバタバタして、あちこちに手が回らないものだし、最悪に備えて最善を尽くすことは大事だ。

たとえば信頼できる友人、知人にペットを預けたいという飼い主さんの場合は、もしもの場合にお世話をしてくれるかどうか、今の時点で確認しておくことも大切。愛するペットの生活習慣についてのメモを書いておき、投薬治療が必要ならその旨もしっかりと記述しておく。緊急時の動物病院の連絡先なんかも書いておけば、そのメモはペットを守るためのマニュアルになる。

そのマニュアルを、信頼出来る人に託しておくことで、自分の療養にも専念出来るというわけだ。

また、これは以前にも紹介したが、ペット保険会社のアニコムホールディングスは2020年4月より、同社のペット保険商品契約者向けに、無償のペット預かりサービスを継続中。契約者限定にはなってしまうものの、ペット保険は普段から愛するペットのもしもに備えての商品なので、コロナ禍にかかっては飼い主本人のもしもの事態に対処するこのサービスはやはり心強い。

アニコムではこの取り組みを「#StayAnicom プロジェクト」と題して現在に至るまでに契約者とそのペットのもしもに備えている。特設ページでは現在、本取り組みについて以下のような説明が記載されている。

“「困ったら、アニコムにステイしてほしい」という想いをもとに発足したこのプロジェクトでは、アニコムの保有する施設の一部を開放し、飼い主さまが隔離施設で生活する間や入院の間、そのペットを無償でお預かりします。お預かりの間は、アニコムの獣医師を中心とした社員有志がお世話します。”

上記の通り無料での預かりとなるので、金銭的にも心強いプロジェクトと言える。詳しく知りたいという飼い主さんは、是非「#StayAnicom プロジェクト」で検索していただければ。

自治体も飼い主の別離療養中のペットのことを考えたアドバイスを公開!

飼い主がコロナに罹患してお世話が出来ないペットについては、各自治体もその存在を無視してはいない。連日大勢の陽性者を出している東京都であっても、これは例外ではない。

東京都保健福祉局は、ウェブサイト上で「新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について」という特設ページを公開中。ここに、万が一飼い主さんが陽性になった場合のペットその後の処遇についてのアドバイスが分かりやすく記載されている。

ペットを預けるための準備のポイントとして、まずは信頼して預けられる人に相談をすることと指摘し、次いでペットの性格や飼育場の注意すべき点をまとめておくことも大事と指南。さらに飼育に必要な用具の準備や逸走対策の徹底も必要と触れており、ここを読むだけでまさかの場合に備えての心構えが出来る。

その上で重要なポイントも追記されている。それが、ペット受け渡しの際の、相手への感染リスクを考慮すること、だ。

知人に預ける場合の注意点を、以下に引用のもとご紹介したい。

“飼い主がペットをケージ等に入れて玄関先に置いた後に、受取り側が置かれた場所に向かうなど、相手との直接の接触を避けるようにしてください。”

このように、受け渡しの際に相手への感染が起きないように細心の注意を払うことも大事と説いている。また、ペットホテルなどに預ける場合についての注意点も、以下のように説明がなされている。

“知人の方などに代理を依頼し、接触を避けてペットを引き渡し、ペットホテル等まで送っていただいてください。”

こちらも接触による感染拡大リスクを考慮した行動を呼びかけている。対処についてのアドバイスは自治体によっても異なる可能性があるため、是非今のうちにお住まいの地域の推奨する手段を把握しておいていただきたい。

おわりに

人は、自分の身はある程度までは自分で守ることが出来る。だがペットは、その安全を飼い主の裁量一つに委ねているため、飼い主さん各位がしっかりと対処しなければならない。

まだ陽性者になっていないという方も、今後も油断することなく、もしもの場合に備えておくことが大事になる。ましてウィルスは目に見えないし、自分なりの対処が完璧だと自負していたって感染してしまうこともあるのだから。

万が一、自分が施設で療養することになっても、極力ペットについての不安を抱かずに済むような段取りを、しっかり組んでおきたい。

文/松本ミゾレ

【参考】
アニコムホールディングス
コロナ感染者のペットを無償でお預かりする「#StayAnicom」プロジェクトを始動!
https://www.anicom.co.jp/release/2020/200410.html

東京都福祉保健局
新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kankyo/aigo/doubutsu_oshirase/coronavirus_pet.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

子猫時代の思い出?“飼い主と散歩したがる猫”の秘密に迫る (9.19)

  • ニュース

髪が長い飼い主さんは要注意!飼い猫がその髪を誤飲するかも (9.18)

  • ニュース

猫好きなら全部知ってて当然?猫のトリビア10選 (9.17)

  • ニュース

最近はよく鳴くようになりました。話しているかのように、色んな鳴き声を出します。 (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る