TOP>ニュース > やっぱり反応を裏切られる!ミー専用の避暑地は意外なところ

  • ニュース

やっぱり反応を裏切られる!ミー専用の避暑地は意外なところ

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活し、ついに全員を看取ったと思ったら、今また一匹のネコと暮らしている中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の回顧録である。

ミー(仮名)がきた! 第23回“冷”

暑いすね。夏だもの。

とはいえ我が家は、やけに風通しのいい間取りでして、夏といえども35度を超えないような日は、クーラーのスイッチを入れることもなく、窓全開の網戸で特に問題なく過ごせる。前にも書いたけど、その為に網戸をネコに破壊されないようなアルミ製に変えたくらいなのだ。

そんなワケで、唯一クーラー入れる時といえば、人間が全員外出する時だけ。防犯の為に窓もしっかり閉めるので、留守番しているネコの為にクーラーを入れるというシステムでやってきた。ようするに我が家にとってのクーラーは人間の為ではなく、ネコの為にのみ存在している電化製品なのだ。

しかし今年の夏はそうもいってられなくなった。ウチのすぐ近くでマンションの新築工事がはじまったのだ。最近のマンション工事っていうのは、近隣に気を使ってるのか、その工事の予定がチラシとなって近所に配られる。それによると、真夏の8月あたりに工事も佳境を迎え、ちょっとした騒音があるらしい。こりゃ窓全開だと「うるさいね、ど〜も」ってことになりそうだ。

ここで普通の家ならば、じゃあ今年の夏はクーラーつけて過ごすか、ってことになるんだけど、我が家のリビンクのクーラーってのが曲者なのよ。25年前のクーラーでして電気代がベラボウに高い。女房曰く、「1日で1万円くらいいっちゃうんだから!」なのである。そんなの毎日使ってたら、もう一夏過ごすだけで一家心中である。

そこで!リビングのクーラーを、最近は電気代も激烈に安くなっているという新しいヤツに取り替えた。それに今年はミー(推定5歳・オス)がいる。まぁ去年の夏ももいたんですが、ますます孫チックに愛おしさ倍増しまくるミーも、きっと新しいクーラーを喜んでくれるだろうと、ジャバネットタカタで注文したのだ!

おそらくミーがいなければ、というかネコがいない人間だけの状況ならば、工事の音がうるさいかろうがなんだろうが、窓全開にして我慢してただろうが、だいたい我が家の家計っていうのはとネコ中心に考えられてる部分もあるんで、とにかくシャパネットタカタの売り上げに貢献したのだった。

よ〜し、これでマンション工事の騒音が激しくなったら、クーラーのスイッチ入れちゃうぞ〜なんて楽しみにしていたのだが、騒音が大きくなる以前に、オレも女房も外出する、クーラーをいれなきゃならない日がやってきた。


↑ということで、ミーのご尊顔です。

ミーの為に! と、出かける30分くらい前からクーラーのスイッチを入れる。今までは家の各部屋に外の風が入り込むようにと全て開け放してあった部屋と部屋の間のドアも閉めた。この時点でミーはクーラーの効かない寝室でゴロゴロしていたので、「こっちの方が涼しいよ〜」なんて言いつつダッコしてクーラーの効きはじめたリビンクに連れてきた。

その途端、ミーも、「おっ、なんか涼しいニャ!」的な表情をしたような気もした。そうかそうか、このジジイがミーの為に入れたクーラーをミーも喜んでくれているか!新しいクーラーに変えたことに満足しつつ、ミーを残して外出する。不要不急の外出の自粛が叫ばれてる中、当然その外出ってのは仕事だったんですが、そんな外での仕事の最中も、「今頃、ミーは新しいクーラーの涼しさに満足してるだろうなぁ」と勝手に想像しては、ジャパネットタカタのCMソングが頭の中を駆けめぐったりもする。今は社長を退いたらしい、あの前社長の甲高い声すら思い出し、一人ニタついたりもした。

そして5時間後に帰宅した。きっとリビンクでは、新しいクーラーの涼しさにご満悦のミーが待っているはず!と、荷物も置かずにリビングに直行する「ミーただいまぁ〜!」しかし、呼べど叫べどミーがいない!ただただミーのいないリビングに、心地よい涼風だけががたなびいていた。おかしい!?どこにいったミー!家中を探すと、ネコ専用の穴で行き来ができるようになっている、リビングよりも少々生暖かい寝室でミーはボケ〜ッと寝ていた。


↑だいたい夏はこの寝室のベッド横の床でミーは寝ている。ミー的にはクーラーで冷やした部屋(といっても30度設定なんですが…)よりも、ここの方が心地よいのか?多分ネコ専用穴から、適度な冷気がリビングから流れてきて、ちょうどいいのかも。

ミーがいるから買ったといってもいい新クーラーはミーにはまったく喜ばれずであった。

「親の心知らず…」オレは天を仰いだよ。

(つづく)

カーツさとう
コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫は流れる水が好き?話題の「非電化給水器」をレビューしてみる (9.28)

  • ニュース

犬や猫にも「食欲の秋」があるって本当?【兵藤哲夫の徒然日記】 (9.27)

  • ニュース

猫が便秘になる原因はさまざま。予防する方法とは? (9.27)

  • ニュース

「猫を飼ってはならない」という掟が破られた家の話 (9.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る