TOP>ニュース > 猫のストレスを緩和させる5つの方法

  • ニュース

猫のストレスを緩和させる5つの方法

ストレスと向き合い、緩和させることが健康を保つことにつながる

猫は人と同様ストレスを感じる生き物です。たとえ家の中で暮らしている猫もさまざまな要因でストレスを感じ、ときにストレスで健康を損なうこともあります。今回は、猫がストレスを抱えているときどんな行動を起こすか、そのストレスをどのように緩和すればよいか考えてみたいと思います。

ストレスで起こる行動や体の変化

極度に隠れたり、攻撃的になったり、奇声をあげたり、リターボックス以外で粗相をしたり、過度にグルーミングをしたり、足を噛んだり、OCD(強迫性障害)など猫のストレスサインはさまざまあります。

「わかりやすい身体症状には、血尿や尿が少なくなったり、下痢、嘔吐、食欲不振、体重の増加や減少が見られます。また、ストレスは免疫性機能障害の原因のひとつになることもあります」と獣医のジャン先生は言います。

ファーストステップは獣医に相談

身体的変化で血尿が出た場合、それがストレスによって引き起こされているのか、もしくは膀胱や肝臓の病気からきているのかわからないため、何か変化がある場合はまず獣医に相談し、ストレス性の症状かどうか診断してもらいましょう。

もし、ストレス性の場合、原因となる要因は…

1.退屈すぎる

猫は狩猟に適した身体の持ち主のため、退屈すぎるのもストレスになることがあります。外で暮らす猫の場合は、いろいろな刺激や狩りができ退屈することはありませんが、家の中だけで暮らす猫は、刺激が少なく、退屈するようになります。

2.ルーティンの変化

猫はルーティンで生活しているため、引っ越しで環境が変わったり、家族が増えたり、家具のレイアウトが変わったりするだけでもストレスになります。

3.多頭飼い

同居猫と上手く暮らせている猫は多いですが、ときに家の中でも縄張り争いが起こることがあり、それがストレスになる猫がいます。

4.そのほかのストレス

騒音、訪問者、病院訪問などでもストレスを受ける猫はいます。

ストレスを軽減する方法は?

ジャン先生が提案するストレスを予防、軽減させる5つの基本的なことは…。

1.規則正しい生活

猫はルーティンで活動し、サプライズを嫌います。ですので、食事の時間は毎日同じタイミングにすることが好ましいです。

2.遊ぶ時間をつくる

狩りにみたてた遊び時間は家猫には必要な時間です。竿につけたオモチャは猫のハンター心を揺さぶります。そして、毎日のルーティンの一部として遊ぶ時間を入れましょう。思いっきり遊んだ後は、狩りの成功として「お菓子」を与えましょう。

3.オモチャは飽きないようにさまざまなタイプのモノを!

猫と遊ぶ時、竿のオモチャやレーザーポイントなどいろいろタイプのモノを使用。猫はレーザーポイントで遊ぶのが好きですが、レーザーは獲物を捕まえることができません。猫が手で摑まえられるものは必要です。

4.窓からの景色を楽しませる

家猫は窓から外の鳥や動物を見るのが好きです。窓際にキャットツリーをおいて、外の景色を見やすくしましょう。

5.セラピー

フラワーエキス、マッサージ、鍼治療、Tタッチなどのセラピー治療もストレス緩和になります。

猫がストレスを感じているならまずはその原因を探り、それを除くかもしくは最小限へ。そして、猫が心地よいストレス軽減方法を試みましょう。

参考:6 Ways to calm a stressed cat [Animal Wellness]

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

アレもコレも…猫にとって「有害な食品」は日常に溢れている (9.17)

  • ニュース

愛猫と長く暮らすために!猫の「認知機能不全症候群」について考える (9.16)

  • ニュース

飼い猫が猫エイズでも大丈夫?感染を防ぎ大切に育てるための秘訣 (9.15)

  • ニュース

語り継がれる化け猫伝説。怪異・戸塚の猫踊り! (9.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る