TOP>ニュース > 猫にウェットフードだけを与えていると、歯周病になりやすい?

  • ニュース

猫にウェットフードだけを与えていると、歯周病になりやすい?

「健康だけを考えるなら、ウェット」説

わが家の愛猫は、カリカリ派。でも最近のいろいろな情報を見ると、ウェットを推奨している獣医さんが多いようです。

最大の推奨理由は、ウェットフードは内容量の70%から80%が水分であること。水が少ない砂漠に住んでいたイエネコの祖先は、ネズミなどの小動物から水分補給をしていたと考えられるので、食物から水分を補給するのは猫本来の自然なスタイルなのだという説もあります。また水分によって満腹感が得られやすいので、肥満防止になるという面もあるようです。

これに対してドライもメリットは、費用や管理のしやすさなどで、健康面のメリットはあまり見当たらないような…(管理のしやすさ=劣化していないフードを与えられるというメリットにつながるかもしれませんが)。中には「健康面だけを考えるなら、ウェットフードを与えたほうがいい」と断言する獣医さんも…。でも最近読んだ本で、ウェットフードの健康面でのデメリットに言及している獣医さんがいたのです。

ウェットフードは虫歯になりやすい?

その獣医さんは「歯茎の健康を考えるなら、ウェットフードだけの食事は避けたほうがよい」とおっしゃっています。ウェットフードには、歯垢が残り歯石がつきやすくなるという問題点があるというのです。猫も人間と同じで、歯石を放置すると歯周病になり、悪化すると歯が抜けたり、ひどい歯肉炎になってフードが食べられなくなったりすることも…。そうなると歯磨きなどの対策が必要になるのですが、これが本当に大変なのはご承知ですよね…。

では、両方与えればいいのか?

どちらにも健康リスクがあるならば、両方を半分ずつ与えてリスクを分散させる、という考え方もあります(「ミックスフィーディング」という考え方です)。ただこれも、組み合わせに注意が必要だとのこと。

例えば一般的に高齢の猫用のドライフードには、腎臓への負担を減らすために、タンパク質やリンの量を抑えた設計になっています。でも、タンパク質やリンの多いウェットフードと組み合わせて与えると、せっかくのドライフードの設計がうまく機能しなくなってしまうのです。これを避けるには、同じラインで、ウェットフードとドライフード両方の種類があるメーカーを選ぶこと。同じラインであれば、それぞれのステージに対応した設計になっているので、ドライとウェットを組み合わせても安心というわけです。

わが家はロイヤルカナンのドライフードをずっとあげていたのですが、幸い、ロイヤルカナンはドライとウェットの両方のラインがありました。そこで最近は総合栄養食の1/3くらいをウェットに変えています。カリカリ好きの愛猫は見るからにテンションが下がるのですが、「これしかないんならしょうがないでつね…」という感じで、食べてくれています。

非常用持ち出し袋には、ウェットが◎!

ちなみに、非常用持ち出し袋にキャットフードを入れる場合、ウェットがいいそうです。屋外で水が手に入りにくい環境で過ごさなければならない場合、ウェットだけでもある程度水分補給ができるというメリットがあるからです。ただし、ウェットは一度開封すると保存ができないので、避難が長期になる場合に備え、やはりドライも用意しておいたほうが安心かもしれません。

文・桑原恵美子

参考資料:「ネコのカラダにいいこと事典」(臼杵 新 監修/世界文化社)「獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書」(獣医にゃんとす 著/二見書房)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【田代島ドンベエ通信 】またおいでモンちゃん (9.24)

  • ニュース

猫の噛み癖はなかなか治らない!どうすれば矯正できるのか (9.24)

  • ニュース

他人から見たら「ネコバカ」。でも、それが役立つ時もある。 (9.23)

  • ニュース

「怖がりな飼い猫」を人と無理に会わせるべきではない3つの理由 (9.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る