TOP>ニュース > 灼熱の日本の夏!屋外で暮らす猫はどうやり過ごしてるの?

  • ニュース

灼熱の日本の夏!屋外で暮らす猫はどうやり過ごしてるの?

まさに地獄のような夏の昼間、猫たちはどこに…

先日の4連休を利用して、積極的に屋外に出向いてみた。目的は、この猛暑の中を野良猫や地域猫など、屋外に暮らす猫がどうやり過ごしているのか。それをこの目で見るためである。

いや、わざわざ見なくても分かるような話ではある。みんな日陰に逃げて暑さ対策をしているんだよ、という話なので。

しかし、実際に猛暑の中を彼らがどうやって暑さから逃げて体力を温存しようとしているのか。これを実際に額に汗して確認することも、多分無駄ではないような気がしたのだ。

結論から言ってそれはやはり無駄ではなかった。今日はその話をしていきたい。

日中、外を闊歩する猫はそうそういない…

当日はほぼ快晴で、僕は千葉県内の野良猫、地域猫が多数いるスポットを目指した。到着したのが午前10時50分頃で、そこは普段家族連れが多く集まる公園なんだけど、あまりに暑いからか。あるいは五輪の中継をやっているからか、本当に人が少なかった。

で、さっそく入り口で耳カットをされていない猫を見たが、暑さのせいか動きも緩慢で、近くを通る車にも動じない様子。心配になったので近づくと、ダルそうに茂みの中に隠れていった。

そうして、いつもはそこそこの数の猫がすぐに目に入る公園に立ち入ったわけだけど、目に見えてその数は少ない。やっぱりあまりの暑さと湿気に辟易して、茂み、木陰といった少しでも涼しい場所に退避している猫が多いということなんだろう。

実際、目を凝らすと植え込みの中で体を伸ばして休んでいる地域猫は何頭か見かけた。

屋外を闊歩している猫は、日差しが強い間は1頭も見かけなかった。一瞬だけ雲が太陽を覆うと出歩く猫というのはいたが、それもその1頭だけだった。暑さと、耳をつんざくセミの声にひっくり返りそうになったので、たまたま近くにあった自販機で栄養ドリンクを購入して一気飲みした。僕は単純なので、それだけで物凄く元気になった気がしたし、実際そこから体力が回復したのか、散策意欲も復活した。

屋根付きベンチや植え込みの中で、彼らは懸命に耐えていた!

その後も文字通り汗だくになりながら公園を散策して回ると、やっぱり植え込みや、屋根付きのベンチなどで猫たちが暑さをやり過ごしている姿を多く確認できた。公園職員さんが使うガレージの、さらにその中に停められている車の下でジッと気温が下がるのを待っている猫もいる。

みんなそれぞれにこの猛暑を乗り切るために、命を守るための対処をしているといった印象を受けた。

中にはこちらを見ると起き上がって日差しが強い中甘えてくる猫ちゃんもいて、慌てて日陰に移動させるといった事態も。この日は公園を訪れる人がいなかったから、人間が好きな子はちょっと寂しかったのかもね(笑)。

「もうちょっとしたら夕方になって涼しくなるから、それまで待とうね」と言ってお別れしたら、元いた植え込みの中に戻る猫。賢い。

おわりに

結局、うだるような暑さの中、広い敷地内を右往左往してると2時間も経過していた。途中で栄養ドリンクを飲まなかったらきっと日干しになっていた、と思えるぐらい暑かった!

最初に予想したとおり、猫たちも懸命に暑さから逃れるために少しでも涼しい場所を確保して、そこで体力を温存していた。予想は当たっていたわけなんだけど、それでも実際に自分の目で確認したことの意義はあったように思える。だって、この日2時間の散策だけで、3キロ痩せてたんだもの。

夏場の猫の暑さ対策確認パトロールダイエット。おすすめかもしれない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【獣医師監修】「ペット信託」が飼い主さんを救う日がくる? (9.19)

  • ニュース

子猫時代の思い出?“飼い主と散歩したがる猫”の秘密に迫る (9.19)

  • ニュース

髪が長い飼い主さんは要注意!飼い猫がその髪を誤飲するかも (9.18)

  • ニュース

猫好きなら全部知ってて当然?猫のトリビア10選 (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る