TOP>ニュース > ぬくぬくの猫を貸してくれるお店「ねこまん屋」の主人になりたい

  • ニュース

ぬくぬくの猫を貸してくれるお店「ねこまん屋」の主人になりたい

虹の橋を渡る日まで

エアコンを点けるようになったら、リモート中でもわざわざ仕事部屋に来て丸まっている猫たち。嫌でも視界に入ってくるし、集中が切れちゃったので、PC画面から退出し、ひと息入れた。

ラグの真ん中で丸まっているわが家の3頭の毛玉ちゃん。人を脱力させるには充分な破壊力を有している、恐ろしい生き物よね。ふうっとため息混じりに眺めていたら急に、かなり昔に見た、漫画家の山本貴嗣さんが描いた「ねこまん屋」という作品を思い出した。

確かコミックスのページ埋めのコラムだったと思う。兄から借りた本の中にこれを見つけ、「これ、いい!」と、小学生だった私の心に深く刺さって以来、今でも猫たちを見るとときどき思い出す。

「ねこまん屋」とは架空の商売で、寒い冬の帰り道、ぬくぬくの猫を貸してくれるお店なのだ。

貸してくれる猫を「ねこまん」と言い、完全に丸まった猫の状態を指す。完全に丸まっていない状態は「ネコワッサン」だ。その店では一回10円で「ねこまん」を借りることができる。

手に入れた「ねこまん」は、上着の中に入れても良いし、懐に抱くのも自由。あたたかな「ねこまん」で、家までぬくぬくポカポカと温まり、寒い家路を幸せに帰ることができるのだ。

そして、家に着いたら、そのまま「バイバイ」と言って、「ねこまん」の猫を地面におろして帰す。猫は自分でちゃんとお店に帰る、自動帰還機能付き生体懐炉なのだ。

ねこまん屋の商品としては、「みけまん」とか「さびまん」などがあり、さらに特別な季節商品として、「こねこまん」というのもある。

いいなぁ、「こねこまん」。ちっちゃな子猫を懐に抱えて、もふもふしながら家に帰りたいなぁ。なんだかたまらなくなって、目の前の毛玉たちの中から、一番小柄な三毛を抱き上げてみた。特に抵抗も無く、腕の中でぐんにゃりしている。

「ねこまん屋」で10円を支払えば、お気に入りの猫をモフリながら帰れるんだよ。冬はいいよね。でも、猛暑の夏はどうする?

やっぱり暑いと商売できないのかしら?でも、冷たーく冷えた「ねこまん」もひんやり気持ちよいかも。夏は「冷やしねこまん」に限るわ、って、どうやって猫を冷やすのよ?

それ以前の話、家に着いたら、猫を地面におろして返すんだけど、ちゃんとお店に戻ることができるのかな?わが家の猫たち、見知らぬ場所に連れていかれて、自分の家にちゃんと戻ってくるかどうか、ちょっとアヤシイ。

「こねこまん」なんてさらにヤバいよ。かわいい子猫なんか、絶対に誘拐されるって。そのまんまうちの子にしてしまう誘拐事件が多発するって。

お店の方もそれを見越して、大量生産しているのかも。お店の裏では、毎年たくさんの子猫が生まれて「こねこまん」のニーズに応えている。

と、いうことは、連れ去りOK?むしろお持ち帰り下さいって感じ?「ねこまん屋」の正体は、猫普及委員会の出先機関であった……

と、毎度毎度、妄想がとどめなく溢れてくる私の頭脳。こういう想像力は仕事分野で回ってくれればいいのにねえ、そういうわけにいかないのよね。特に今日は仕事で煮詰まっているせいか、いつもより多めに妄想が垂れ流されております。

それにしても、大昔に読んだ漫画家さんの、たった1Pほどのネタを、三十年以上引っ張っている自分も、何だかなと思う。もういい歳なのに。

私の腕の中で、ぐでーっと、無抵抗に抱かれている三毛玉が、もそもそ動き出した。トイレかお水を飲みたいようだ。そっと下ろしたら、かわいい声で鳴いてくれた。かわいいなあ。

ま、いつまでもサボってはいられない。キッチンで麦茶でも飲んで、仕事に戻ろう。いつか「ねこまん屋」の主人になる日を夢見て。

(文/木村圭司、編集/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛猫と長く暮らすために!猫の「認知機能不全症候群」について考える (9.16)

  • ニュース

飼い猫が猫エイズでも大丈夫?感染を防ぎ大切に育てるための秘訣 (9.15)

  • ニュース

語り継がれる化け猫伝説。怪異・戸塚の猫踊り! (9.15)

  • ニュース

猫飼い主なら知っておきたい!認知症の猫に見られやすい症状とは?【猫クイズ】 (9.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る