TOP>ニュース > ペットに優しいのはどっち?「ペット可物件」と「ペット共生物件」の違いとは【猫クイズ】

  • ニュース

ペットに優しいのはどっち?「ペット可物件」と「ペット共生物件」の違いとは【猫クイズ】

ペットとの暮らしに最適なホームを考える

近ごろは、ペット可を掲げる物件が増えてきたり、お互いが快適に暮らせる共生住宅を建てる飼い主さんが増えたりしています。そこで、今回はクイズを通して、「ペット可物件」と「ペット共生物件」の違いを解説。それぞれにどんな特徴があるのかを、ぜひ知ってみてください。

Q.「ペット可」を打ち出している物件の特徴として当てはまるのは、次のうちどれ?

①すべての物件でペットに優しい床材が使われている

②しっかりとした飼育規約があるため、ペットトラブルが発生しにくい

③空き家を解消するために「ペット可」としている場合もある

正解はこの下に・・・・・!

正解は③の「空き家を解消するために「ペット可」としている物件もある」です。

「ペット可」というと、なんとなくペットと共に快適に暮らせる物件を思い浮かべやすいものですが、そうした物件は「ペット共生」と呼ばれているタイプのほう。

「ペット可」を打ち出している物件はペットを飼ってもOKと認めてはいるものの、ペット共生物件のように明確な飼育規約がなかったり、共用スペースにペット用設備が設置されていなかったりすると、飼い主としては少し歯がゆく感じられる部分も

また、築年数が古く、入居者がなかなか決まりにくい物件が空き家を解消するため、「ペット可」としているケースも少なくありません。そして、そうした物件ではペットの足に優しい床材や掃除がしやすい壁紙などに変更されていないこともあるため、すべてのペット可物件がペットに優しいとは言いがたいのが現状です。

そもそも、大手住宅メーカーがペットと暮らす家づくりの提案を商品として売り出し始めたのは、2000年代に入ってからのこと。それから20年ほど経った今、私たちは改めて「ペットと共に暮らすこと」の意味を考えなければならなくなっています。

共に暮らす小さな命はペットではなく、大切な家族であるからこそ、単に「飼育できる」での先にある、「共に幸せに暮らせる」を実現できる家が必要です。

ぜひこれを機に、愛猫や愛犬とどう暮らしていきたいかを再度考え、笑顔になれる家選びや内装の改造を行ってみてはいかがでしょうか。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

野性の狩猟本能を満たす!猫のストレス解消には「かくれんぼ」ゲームが効果的!? (7.29)

  • ニュース

猫が喜ぶトイも兼ね備えた「DoyenWorld」のトリートケース (7.28)

  • ニュース

共生住宅のコツを紹介!人も猫も快適に暮らせる「リビングの作り方」とは (7.28)

  • ニュース

ビタミンDは猫にどんな効果があるの?【猫クイズ】 (7.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る