TOP>ニュース > なぜ猫はふみふみするのか。いつかしなくなるもの?

  • ニュース

なぜ猫はふみふみするのか。いつかしなくなるもの?

あなたは猫のふみふみが好きですか?

猫って、素敵な動物だ。いつまで見ていても飽きることがない魅惑の存在。

普通にしているだけでもかわいいのに、飼い主を信頼して甘えてきたり「ニャー」と鳴いて話しかけてもくれる。猫同士はほとんど「ニャー」で会話することがない。あれは、多くの場合人間に対して必要と感じるから鳴き声を出してコミュニケーションをとろうとしているのだ。だから、猫に話しかけられたら全身全霊で応じてあげたい。

さて。人の心を打つ猫の行動は、他にもある。たとえば、ふみふみ。猫が毛布や、お気に入りの布、クッション。あるいは飼い主の身体を前脚でふみふみとマッサージするような、あの仕草。あれも最高にかわいいアクションである。

今回は、その猫のふみふみについて語り倒したい!猫のふみふみが嫌いな人なんて、きっとこの世にいないはずなので。

なぜ猫はふみふみをするのか…その理由は○○

まず、そもそも猫は、どうしてあんなかわいい仕草をするのか。これについて話していきたい。別に飼い主に対して、かわいさをアピールするためのアクションというわけではない。

あのふみふみというのは、猫が小さいときに母猫のおっぱいを自分の前脚で圧迫して、お乳の出を良くするための行動が染みついたものという説はかなり有名。実際、子猫を観察していると授乳してもらっているときは、前脚を交互にグーパーさせてふみふみしている。猫によっては、ある程度成長しても強引に母猫に甘えて、すっかりミルクを卒業しているのに、ふみふみをしちゃってる個体もいる。ふみふみの根本的な理由は、ここにあると言うわけだ。

ふみふみは、そもそもお乳の出を良くして、早く大きくなるために必要な行動なのだ。ただし、生まれてすぐ親と離れて人間に飼育された猫の場合も、やはり幼少期はミルクをあたえる際にふみふみ仕草をすることもある。と考えると、アレは本能に刻み込まれた、生存するための知恵のなす技術ということなんだろう。

バリエーション豊富な猫のふみふみ!

猫のふみふみには、色んなバリエーションがある。いくつか代表的なものを紹介していこう。

まずは前項で紹介した、親からミルクをもらっているときの、お乳の出を良くするためのふみふみ。これは子猫ならみんなが自然にやっている、実にスタンダードなふみふみスタイルとなる。

次に高い頻度で見られるのが、飼い主さんに甘えているときについ出てしまう“うっかりふみふみ”。飼い主さんに抱っこされてうっとり気分良くなったとき、ついつい無意識に前脚がグーパー開いては閉じて、エアふみふみしちゃう子って多い。中には飼い主さんに抱っこされたまま、そのお腹や二の腕をふみふみしちゃうという猫も。人の肌の柔らかさが、お母さんを思い出させるのかも。こういうときは、気が済むまでふみふみさせてあげたい。

さらに、毛布や布団などを口に咥えて、吸うような仕草をしながらの懸命な“ながらふみふみ”のスタイルも確認されている。このとき大抵ゴロゴロと喉を鳴らしている音も聞こえるもので、吸う仕草ということもあって、これもお母さんのミルクを吸っていたときを思い返しているのかも。

毛布だけでなく、飼い主さんの指をちゅっちゅと吸うことに加え、ついでにエアふみふみしちゃう猫もいる。こういうのも本当にかわいいものだ。

ときにはうつ伏せに寝ている飼い主さんの背中に乗って、まるで按摩師のように背筋のコリを“マッサージふみふみ”してくれる猫ちゃんも!そのふみふみ加減は絶妙で、これには飼い主さんまでうっとりしちゃうことも。筆者も以前一度だけ、深夜に寝ぼけた飼い猫がこれをやってくれたことがある。たまたま枕元にスマホがあったため動画撮影にも成功したが、その映像は宝物になっている。

このように、一口に猫のふみふみと言っても、そのスタイルは多種多様だ。いずれも理由なくやっている行動ではないため、もし目の前でふみふみが繰り広げられても過剰に騒がないでおこう。大抵は猫自身が寝る前など、環境が静かで安心しているときに見せるものだから……。

猫。ふみふみはいつまでするもの?

ところで以前、「前はよくふみふみをしていたけど、だんだんしなくなった猫がいる」という話を、飼い主さんから聞いたことがある。しない理由としては恐らく、親離れできて自立した猫に成長したというのが一番の理由なんだろうけども、本当のところは猫自身に聞いてみないことには。それこそ、環境のちょっとした変化で猫は習慣を変えることがよくある動物だし。

ただ、しないならしないで問題はないんだけど、やっぱり仕草はかわいいので、出来ることならたまには眺めたい光景ではあるよね(笑)。

それから「オス同士で複数飼育しているとふみふみをしない」という話も過去には聞いた。我が家はオス3頭の猫がいるけど、みんな大なり小なりふみふみはするので、ことさら「オスはふみふみしにくい」みたいなことはないと感じる。去勢していない猫同士ならなわばり争いも過激なので、あるいはそういうことも考えられる。

もちろん、性質によっては最初からふみふみをほぼしないって猫もいるだろうけども。それに、メスでもふみふみをしないって猫もいるはず。

ウチの場合はやっぱり、寝る前や明け方にちょっと目が覚めてまだ頭がぼんやりしているときには、ふみふみしているってことが多いかなぁ。

おわりに

そもそも、猫のふみふみはビジュアル的にも完璧な癒し効果がある。まるでピアノを演奏しているかのような穏やかなふみふみもあれば、気合いたっぷりにうどんをこねてるような、腰の入ったふみふみもある。どのふみふみもちょっとずつ個性的で、そしてその一切が愛らしい。

「猫のふみふみだけを流すテレビ局とか開局してくれたらいいのに」と、筆者は半分本気で考えている。それぐらい素晴らしい仕草なのだ。

ふみふみをよくする猫、なかなかしない猫とに分かれるけども、もしも目にするチャンスに恵まれたなら、是非みなさんもしっかり観察しよう!癒されるよ!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

野性の狩猟本能を満たす!猫のストレス解消には「かくれんぼ」ゲームが効果的!? (7.29)

  • ニュース

猫が喜ぶトイも兼ね備えた「DoyenWorld」のトリートケース (7.28)

  • ニュース

共生住宅のコツを紹介!人も猫も快適に暮らせる「リビングの作り方」とは (7.28)

  • ニュース

ビタミンDは猫にどんな効果があるの?【猫クイズ】 (7.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る