TOP>ニュース > また発見…地域猫公園で今度は親子猫遺棄に遭遇

  • ニュース

また発見…地域猫公園で今度は親子猫遺棄に遭遇

去年に引き続き今年も、地域猫コミュニティで不審なダンボール発見…

これまで、何度か疑う余地なき捨て猫を発見したことがある。現在自宅で飼っている猫の中にも、捨てられていた猫がいる。先日も川遊びをしているとき、そういう子猫を発見してしまったが、このときはすぐ里親さんが見つかったので安心した。

さすがに発見=全頭保護をしていると過密飼育になってしまうので、捨て猫を見つけてしまった場合は警察や地域の保護団体にも協力を仰いでいる。昨年、千葉県の某地域猫公園で、4頭のキジ柄の子猫が捨てられているのを目撃した。状態もよく、元気だったのが救いだが、このときは警察を呼んで保護してもらった。

子猫たちはその後愛護センターに収容され、ほどなくして近隣の保護団体が引き出す手はずになっていた、と聞かされている。捨てる人は捨ててしまえばそれでおしまいかもしれないが、見つけてしまった人はその尻拭いをしなければならない。動物を捨てるのは犯罪なので、そもそも捨てる可能性があるようなら動物に手を出さないのが正解だ。

さて、そんな昨年の話の続きとも言うべき事態がまた起きた。同じ場所で、今年も不審なダンボールを目撃してしまったのだ。

ダンボールの中には猫用クッションと粗末な餌、そして子猫…

6月某日。地域猫たちの様子を見に行こうと、彼女の車で千葉の某公園に訪れ、そこで2時間ほど散策して猫たちと触れ合うことができた。みんな元気そうだったので安心して帰路につこうとした折、駐車場でダンボールが放置されているのが目に入った。

しかも、そのダンボールに顔を突っ込んでいる若い猫も。近づいてみるとその若い猫は逃げ出したが、中には猫用のクッション。それから成猫用の安い餌。そして、かろうじて目が開いているサビの子猫が。

「またですか」という声が漏れてしまった。

さらに、草むらに隠れた若い猫の近くには、三毛の子猫まで見える。手を伸ばして子猫を捕まえ、とりあえずダンボールに入れると、三毛はサビとひっついてすぐに寝た。

すぐに彼女にその地域の猫を管理している団体さんに連絡を入れてもらい、しばらくするとボランティアさんたちが駆けつけてくれた。事情を話すと、若い猫がこの子猫たちの母親である可能性を指摘された。

その猫自体まだ1歳にもなっていなさそうだったのでびっくりしたが、考えてみればもう性成熟はしているだろうから子供は産める。ボランティアさんたちは若い猫の捕獲も検討してくれて、まもなく捕獲器を持ち出してくれた。

警察にも連絡、休日の暑い中みんなご苦労さま…

もちろん警察にも連絡を入れた。30分ほどして近隣の管轄からパトカーが到着し、事情について共有。

遺棄の可能性ありとのことで、調べてくれるという。そうこうしている間にも、ボランティアさんはどうにかして母猫を捕獲すべく、スマホから子猫の声を流すなどして悪戦苦闘。さらには近くの地域猫も子猫が心配なのか顔を出してきて、さらに公園を散歩していた人たちも遠巻きに見守るという状況になった。

このあと、公園の管理をしている職員さんまでやってきて、みんなでどうにかして母猫が捕まることを祈りつつ見守ったんだけど、母猫が何故か頑なに捕獲器に入らない。どうも、ボランティアさんの見立てではまだ子猫がおり、母猫はダンボールから子猫たちを連れ出して、自分が安全と思っている場所に匿っているのではないか? というのだ。だとしたら大変なことだ。

不安で不安でしょうがなかったが、僕らがいても猫が警戒するだけ。後ろ髪を引かれる思いでこの日は公園をあとにした。結局猫の親子がどうなったのかについては、後日教えてもらうことにする。

さらに警察の方からも、このあとまた現場検証を行うということで今度の休日に再度現地に来るようにお願いされている。せっかくなので徹底的に検証してもらい、可能なら遺棄した犯人を特定してもらいたい。

いやー、それにしても暑い中、それも休日に子猫を捨てるなんて。そんなの見つけた僕も、保護団体の方たちも、他の来園者も、本当に気が気じゃなくなる。公園の管理者だって複雑な顔をしていたし、遺棄って自分が楽になるために、みんなに迷惑をかける行為なのだ。だから、そういうことはしないに限るんだよね。

おわりに

捨てる人は「いい人に見つけてもらってね」とか言って終わらせるだけかもしれないけど、見つけたら見つけたで警察に調書も取られるし、時間もかかる。今回みたいに保護団体の人が駆けつけるなんてことも、毎度期待できるわけでもない

しかもこの日は休日。みんなその休日に子猫を見つけて「うわあ、マジか」なんて思いたくもないし、時期が時期だけに暑い思いをしながら捕獲に精を出したくもない。
今はマスクもしなきゃいけないから、本当にしんどかった。

どうせ遺棄の現場に直面するなら、今度は遺棄しているその場を目撃して直接怒ってあげたい!「あなたはそれでいいかもしれないけど、猫や大勢の人が困るんですよ! さあ警察に行こう!」と。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

野性の狩猟本能を満たす!猫のストレス解消には「かくれんぼ」ゲームが効果的!? (7.29)

  • ニュース

猫が喜ぶトイも兼ね備えた「DoyenWorld」のトリートケース (7.28)

  • ニュース

共生住宅のコツを紹介!人も猫も快適に暮らせる「リビングの作り方」とは (7.28)

  • ニュース

ビタミンDは猫にどんな効果があるの?【猫クイズ】 (7.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る