TOP>ニュース > 猫ってレム睡眠とノンレム睡眠、どっちの時間が長いの?

  • ニュース

猫ってレム睡眠とノンレム睡眠、どっちの時間が長いの?

睡眠は猫にも人にとっても超重要!

無防備な姿でスヤスヤ眠る愛猫の姿を見ると、なんとも微笑ましい気持ちになるもの。そして同時に、猫と私たち人間の睡眠にはどんな違いがあるのかも、なんとなく気にもなってしまいます。

そこで、今回はクイズを通して人間と猫の睡眠にはどんな違いがあるのかを解説。ぜひ、互いの違いを知るきっかけにしてみてください。

Q.猫は睡眠中、レム睡眠とノンレム睡眠どちらの時間が長い?

①レム睡眠

②ノンレム睡眠

③どちらも同じくらいの長さ

正解は、この下に・・・・。

正解は①の「レム睡眠」です。

そもそも、レム睡眠とは脳が活発に働いている睡眠状態のこと。レム睡眠の時、私たち人間は夢を見たり、記憶の整理や定着を行ったりしていると言われています。

対して、ノンレム睡眠は大脳が休息している睡眠状態のこと。情緒の安定と大きな関係があると言われているレム睡眠と脳と肉体を休めてくれるノンレム睡眠は、どちらも私たち人間にとって重要なものとなっています。

そんな違いがあるレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返している点は、人間も猫も同じ。しかし、人間と猫ではレム睡眠とノンレム睡眠が繰り返される周期やレム睡眠の長さに違いがあります。

例えば、私たちは約90分の周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しながら日々、眠っていますが、猫の場合は約50113分の間隔でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していると言われています。

また、人間の場合は1日の睡眠時間におけるレム睡眠の割合が約20%ですが、猫は約75%。人間よりも、レム睡眠に費やす時間が長いのです。

ちなみに、愛猫がレム睡眠中かノンレム睡眠中かを見分けるには眠っている時の姿をチェック。例えば、レム睡眠時は体がピクピクしていたりヒゲが動いていたりすることが。対して、丸くなって眠っている場合はノンレム睡眠中であることが多いのだそう。

ただし、どちらの場合でもかわいいからといって眠っている愛猫にちょっかいをかけるのはNG。私たち人間が睡眠を邪魔されるとストレスを感じてしまうように、猫も熟睡できないと苛立ちを覚えてしまう可能性があります。

大切な存在だからこそ、誰にも邪魔されない環境の中でゆっくり熟睡させてあげる――。そんな優しさで愛猫を包める飼い主になっていけたらいいですね!

<参考書籍>
『猫脳がわかる!』(今泉忠明/文藝春秋)

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

カフェで耳にした女子高生二人の「猫バナ」に心が温まった。 (10.22)

  • ニュース

猫のなる木を探せ【田代島ドンベエ通信 】 (10.22)

  • ニュース

黒猫が溶けていた【仔猫を拾ったので】 (10.21)

  • ニュース

床にお尻をつけて、ズリズリ…猫が”お尻歩き”する理由っ... (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る