TOP>ニュース > たった1匹のサバイバル…無事に保護されたサビ子猫

  • ニュース

たった1匹のサバイバル…無事に保護されたサビ子猫

子猫が生まれては消える、厳しい季節がやってきた…

先日、屋外で子猫を発見した。毎年このぐらいの時期になると子猫を外で見かけるものだが、その大半は二度遭遇することはない。

外の世界は過酷だ。野良猫の子ともなれば栄養も満足に摂れないし、ダニやノミまみれになっても誰も助けてはくれない。親猫とはぐれて命を落とす子猫は、とても多い。

去年か一昨年か、目の前でカラスに襲われて、間に合わず助けられなかった子猫もいた。やっと独り立ちしたばかりと思われる猫が、雨の中道路で倒れているのも見かけた。

我が家にいる猫だって、子猫の状態で保護した個体もいるし、保護当初は色々と気を揉んだもの。屋外には子猫が安全に暮らせる環境なんてないのである。

さて、先日僕の同級生が自宅敷地内で子猫を発見した。今日はその時の話をしたい。

保護するか、静観か。たった1頭で流れ着いたサビ子猫

僕とこの同級生は、もう30年来の付き合いである。ちなみに彼の実家とは寺院であり、ついでに言えば僕はこの寺の檀家でもある。いわゆる腐れ縁という感じで、コロナ禍以降は会っていないがリモートでしょっちゅうゲームをする仲。もっとも、あっちは既に結婚して子供もいるので、あんまり遊ぶ頻度は高くないが。

そんな寺の敷地内に、5月の終わりごろに1頭の子猫が顔を出すようになった。同級生曰く、猫は最初から1頭でやってきたとのこと。親や兄弟は見当たらなかったそうなので、はぐれてしまったのだろう。

この子猫はとても警戒心が強く、最初はとても捕獲は出来ない状態だった。そこで通販サイトで猫の捕獲器を購入して、餌を入れて設置し様子見をすることにしたそうだ。なんとか設置から2日で捕獲することに成功したが、それ以前はよほど空腹だったのだろう。屋外で飼っている鯉の餌にちょっかいを出していたという。

さらにその鯉の餌を狙って集まるカラスにも目を付けられ、捕食されるリスクもあったとも。そんなわけで早期の捕獲が叶ったのはまさに幸い。

動物病院にも行き、人馴れも順調…良かった!

サビ子猫は捕獲後の現在は室内で飼育管理されている。猫用のケージを取り寄せ、そこで普段は暮らしているが、当初はやっぱりダニだらけだったので獣医さんに駆除してもらうなどしたそうだ。栄養状態もそこまで悪くなかったが、捕獲当初は食が細く、同級生もその家族も心配続きだったことだろう。僕も子猫を保護したときは何から何まで不安だったクチなので、気持ちはよく分かる。

幸いにも食欲は日ごとに増していき、今ではケージ内の段差をジャンプしてみたり、ケージから出してもらった際には元気に走り回るまでに。人馴れに関してもこれまたそこそこ順調に進んでいる様子で、こちらも一安心。

あとは、この寺には現在3頭の犬がいるため、そのワンちゃんたちとも仲良く打ち解けてくれれば万々歳といったところである。保護がもう少し遅くなっていれば、それだけ体力も消耗していたはず。本格的な暑さが到来する前に捕獲できて、本当に良かった。

おわりに

捕獲以降、サビ子猫は毎日遊んで暴れて、とにかくやんちゃに過ごしているそうだ。最近は毎日のようにLINEで画像や動画が送られてくるが、日に日に体が大きくなっているのが分かるし、運動能力も高まっているのも確認できる。

気になってしまうのは、他にも兄弟がいたはずで、その兄弟はどうなったか……ということだ。親と一緒にいて今も生きてはいるのかもしれないし、そうではないのかもしれない。

屋外ってたとえ親と一緒だとしても、本当に子猫が生きていくのは難しい世界。このサビ子猫が寺に迷い込んだのもきっと偶然だっただろうし、保護されたことは幸運だったに違いない。チャンスがあれば、どんな猫にだって屋根のある家でのびのびと、危険に直面せずに生きてもらいたい。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

野性の狩猟本能を満たす!猫のストレス解消には「かくれんぼ」ゲームが効果的!? (7.29)

  • ニュース

猫が喜ぶトイも兼ね備えた「DoyenWorld」のトリートケース (7.28)

  • ニュース

共生住宅のコツを紹介!人も猫も快適に暮らせる「リビングの作り方」とは (7.28)

  • ニュース

ビタミンDは猫にどんな効果があるの?【猫クイズ】 (7.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る