TOP>ニュース > 子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】

子猫の食事で大切な3つのポイント【兵藤哲夫の徒然日記】

春から夏にかけて、動物病院では可愛い子猫の診察が増えます。新しくお迎えした家族の幸せそうな顔を見ると、ペットと暮らす幸せのおすそ分けをいただくような気がして、とても良いものです。

今年、新しく子猫をお迎えした飼い主さんに食事についてのアドバイスをしましょう。まず第一に大切なのは、子猫の成長に欠かせない栄養が含まれている食事を与えることです。

ポイント1:子猫用の総合栄養食を与える

「ネコ用ならフードはどれも同じ」ではありません。子猫用の「総合栄養食」を選んでください。何らかの栄養が足りないと、その後の成長に大きな影響を与えるだけでなく、病気の原因となることも。

猫の食事は1)総合栄養食、2)一般食、3)間食の3つに分けられています。総合栄養食は成長や体の維持に必要な栄養が含まれているフードを指し、これと水だけで基本的には大丈夫な食事です。一般食や間食だけでは栄養が不足する場合があります。

ポイント2:子猫時代にいろいろな味を覚えさせる

最近の研究では、生後6週齢頃までに与えた食事が、生涯においてその子の嗜好性に大きな影響を与えることがわかっています。

野性の猫科の動物は、母親が一つだけの食べ物を子猫に与えるのではなく、さまざまな食べ物を与えます。捕れた獲物が多様であると、その味を子猫が覚えて、成長した後、その獲物を捕獲して食べることができるからです。

母猫はいろいろな獲物を子猫に与えて、それぞれの味や匂いを子猫に教えているのですね。

子猫をお迎えしたら、母猫がやるように、できるだけ多様な食べ物を与えて味を覚えてもらうと、猫に多い偏食の予防になります。ただし、100%偏食を予防できるわけではないようです。

また、この場合の「多様な食べ物」とはお刺身やお肉など人の食べ物のことではなく、子猫用のさまざまなフードという意味です。レトルトパウチに入った子猫用フードも、最近はいろいろな味つけがされていて、多様な味を覚えるのに適しています。

ポイント3:その子の週齢(月齢)に合った食事を

だいたい生まれた直後はミルク、そして離乳食となり、普通の食事という具合に進行していきますが、それぞれの週齢によって食事内容は異なります。

乳歯が生えそろう1か月ぐらいから、普通のフードを食べるようになりますが、成長が遅い子や早い子がいて、一概に言えません。その子の成長具合に合わせて調節してあげてください。

成長期はダイエットを気にせず与えるというのがこれまでのやり方でしたが、最近は子猫時代からしっかりカロリーを管理しながら、肥満を防止するようなやり方を勧める獣医さんもいらっしゃるようです。

健康であれば、どちらのやり方も正解ですが、私自身はあまり飼い主さんが神経質にならず、おおらかな気持ちで子猫の成長を見守ってほしいと思います。

そのためにはぜひ、ホームドクターを味方につけて、その子に合った健康管理をしながら、子猫の成長ぶりをめいっぱい楽しんでいただきたいですね。

兵藤動物病院 兵藤哲夫
麻布大学獣医学科卒業後、1963年横浜市にて兵藤動物病院を開設。ヒョウドウアニマルケア代表として公益社団法人日本動物福祉協会理事、横浜市獣医師会理事などを歴任。TBSラジオこども電話相談室の回答者などをつとめた。

文・編集/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る