TOP>ニュース > 犬や猫は扇風機では涼めない!エアコンの重要性とは?

  • ニュース

犬や猫は扇風機では涼めない!エアコンの重要性とは?

知ってた?犬や猫は扇風機では涼めない…

日本は高温多湿の国。今や、都市部では年々異常な暑さを記録するのも珍しいことではなくなっている。

それだけに、暑くじめじめと湿気の多い夏場には、しっかりとした空調を完備することが、生活をする中で体調を崩さないためにも必須となる。人間であれば多少の暑さは扇風機を使えば誤魔化せるし、高齢者になると気温の変化にも鈍感になっていくので、真夏もエアコンなしでどうにかなる場合もある。

しかし、あくまでも前者の場合はその場しのぎ。後者に至っては体にはずっと負担をかけ続けているのえ、熱中症リスクは高くなるし、最悪死に至る。

ましてペットたちにとっては、エアコンのない日本の夏なんて、それこそ北海道以外ではありえない。東北地方だって夏場にはしっかり暑く、蒸すようになっているわけだから。

犬も猫も、その体表は毛でおおわれているし、人と違って汗腺も多くない。人間は暑いと体中の表面から汗をかいて体温を調節する機能があるが、犬にも猫にも、汗腺は肉球など、ごく一部の部位にしかない。

なので「ペットが涼しくなるように」と扇風機を使うこと自体、結構無謀なこと。猛暑ともなればはっきり言って全然意味がないのだ……。

真夏の必需品、エアコンはペットにとっても大事!

前述のとおり、犬にも猫にも汗腺は人ほど多く備わっていない。犬は暑くなったら口を開けて舌を出し、荒い息遣いをするが、これも暑さ対策。

開けた口から呼吸を介して熱を逃がすのだ。しかしこれは短頭種の犬がやっても効率が悪く、また持病のある犬、子犬、高齢の犬では逃がす熱が追い付かずに体調を崩しやすくなってしまう。

また、猫も一応暑くなると口を開けて犬と同じように熱を逃がす行動を見せることはあるが、猫がそこまでやっているのははっきり言ってもう異常。既に熱中症にかかったということも考えられるため、絶対に見過ごしてはいけない。

早い話、人の体感で暑いか寒いか決めるのは早計ということになる。

極端に言えば、暑さに強い人が「今日はエアコンなしでOK」と思える室温と湿度が、犬猫にとっては既に危険水域ってこともあるのだ。なので、初夏ぐらいにはもうエアコンを使うこと。これが一番ペットのコンディションを崩さずに済むという話になる。

さらに、初夏からエアコンを稼働させるのには、もう一つ大変重要なメリットがある。それがエアコンの不調を早期に発見できる、というものだ。

本格的な酷暑到来までにエアコンの稼働点検を!

毎年、暑くなった時期からエアコンを使って、そこで初めて冷房の不調に気付いて焦る人が必ず出る。しかし、そうなっても時は既に町の電気屋さんも大手家電量販店も、エアコン工事シーズンの真っ盛り。

慌てて工事やら新品との取り換えの段取りをしようにも、とっくに先方のスケジュールが詰まってるということが本当に当たり前。そうなったらペットたちの熱中症リスクは俄然高まってしまうことになるので、最悪ペットホテルに長期間預けるなどの対処が必要になる。

そういうことにならないためにも、6月中。つまりどんなに遅くても今のうちにしっかりエアコンの冷房を使って点検しておくこと。これが大切なのだ。除湿、フルパワー運転等々、一通りの冷房機能がしっかり動いてくれるか、しっかりとチェックしておきたい。

深刻な日本の猛暑下でも、エアコンを使ってペットの健康を守る。これが出来るのは飼い主さんだけだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

カフェで耳にした女子高生二人の「猫バナ」に心が温まった。 (10.22)

  • ニュース

猫のなる木を探せ【田代島ドンベエ通信 】 (10.22)

  • ニュース

黒猫が溶けていた【仔猫を拾ったので】 (10.21)

  • ニュース

床にお尻をつけて、ズリズリ…猫が”お尻歩き”する理由っ... (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る