TOP>ニュース > 犬が死んで10年が経ち、また犬を飼うべき時がきた

  • ニュース

犬が死んで10年が経ち、また犬を飼うべき時がきた

虹の橋を渡る日まで

大好きなうちの子が虹の橋を渡ってしまってもう10年が経つ。本当に時が経つのは早くて、もう犬がいない毎日に慣れてしまった。

うちのマンションはペット可なので、時々エレベーターやエントランスでかわいい子に出会う。何階の人かわからないけれど、最近よくかわいいキャバリア君に会う。

一度、ドラッグストアでもらった犬用ガムを飼い主さんにあげたら、とても喜んでくれた。キャバリア君は私が何か美味しいものをくれる人だと認識しているらしい。お散歩の後、エントランスで私に会うのを待っている。

私は毎日ポストを確認するために、6時ごろ、一階ホールに降りていく。そこへキャバ君が「きたね!」と迎えてくれる。なんてかわいい子なの!

なでていると飼い主の女性は「すみませんね、お洋服に毛がついちゃって」と恐縮している。

「うちの亡くなったゴールデンはもっとすごかったですから」と言ったら喜んで、

「あら!、私も子供の頃、ゴールデン飼ってたんですよ!すごく毛が抜けるんですよねー」

なんて、盛り上がる。

その間、かわいいキャバリアが「もっとさわってー」としっぽを振ってくれる。

キャバリアの毛並みはつるっとしていて、しなやかだ。犬の体温が手のひらから伝わってきて、なでているうちに、胸が締め付けられるような気がしてきて、涙を必死でこらえてしまった。

たくさんなでられ、いっぱいキスしたキャバ君は、満足したように、ママと一緒にエレベーターに乗って帰って行った。

私もポストに入っているチラシを片手に、エレベーターで上がっている時、さすがにもう限界だと思った。10年、我慢したけど、よそ様のキャバ君だけではもう満足できない。

他人のワンコを触っただけでは、もうダメ。私の犬がほしい。私だけの犬がほしい。

あの輝く目で見つめられたい。ちょっと臭い息で顔をなめられたい。一緒に広い海岸を走って、ボールを投げたい。犬と一緒に暮らしたい。

胸がいっぱいになって、自宅の玄関を開けた。10年前、うちの子が走って出迎えてくれた玄関だ。もうあの子はいない。10年、忘れがたくて耐えたけれど、もう限界が来たと思っている。また犬を飼うべき時が来た。

文/柿川鮎子
東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る